今年「スーパー銭湯アイドル」として大ブレイクした純烈が紅白歌合戦に出場が決まり、ファンにとっては大変喜ばしいことですよね。

そんな人気絶頂な純烈のメンバーの中で最年長である小田井涼平さんが今年4月にLiLiCoさんとご結婚されていて、その馴れ初めが非常に運命的だったことは意外と知られていないかもしれません。

今回は純烈・小田井涼平さんとLiLiCoさんの出会ったきっかけやプロポーズまでの流れなどをご紹介していきます!

Sponsored Link

出会いのきっかけはノンストップ!

2017年の1月16日に放送したのノンストップで純烈の特集があり、そのVTRでLiLiCoさんが小田井涼平さんに一目惚れしました。

「左から2人目がいい」「小田井さん?あのヒゲ?」と終始食いつき、最後には「私ヒゲありの小田井さんがいいです♡」とコメント。これがこの放送での感想にとどまらず、実は完全にロックオンしていたのです。

後日談ですが、このVTRを見ていた時、LiLiCoさんは「将来の旦那がなんでこんなところで踊っているんだろう?」と思ったほどです。

他番組での共演で連絡先を渡した

後日、他局の番組で共演の機会があった際にLiLiCoさんがスタッフを通じて連絡先を渡したそうです。ノンストップでVTRを見ていた時に“将来の旦那”と思っていたそうなので、共演したのも偶然ではなくLiLiCoさんの要望や手回しがあったかもしれないですね。

Sponsored Link

結婚をあきらめていた小田井涼平が…

小田井さんは現在47歳ですが、LiLiCoさんと結婚する以前の結婚歴はなく、LiLiCoさんが初婚です。

どうやら過去の恋愛で辛い経験をしてきたらしく、「1人が楽だ」と言っていました。メンバーも「小田井さんは結婚することはない」と思っていたそうで、LiLiCoさんとの結婚は相当衝撃的だったんでしょうね。

小田井涼平からプロポーズ!

プロポーズの言葉は“二人だけの秘密”

「僕の方から結婚して下さいといった旨の言葉を伝えました」と明かすも正確なフレーズやシチュエーション、LiLiCoさんのリアクションは「これはすみません。二人だけの秘密なんです」と、語ることはありませんでした。

ただ純烈のヒット曲である『プロポーズ』の歌詞にヒントがあるかもしれません。

名曲『プロポーズ』の歌詞からヒントを探してみた

結婚と同時期に発売した『プロポーズ』の歌詞にはこんなフレーズがありました。

「僕には僕の 君には君の 二人の未来 育てよう」
「このままこの手を放さない」
「死ぬまでこの手を放さない」

あくまでも予想ですが、このあたりのフレーズをもじってプロポーズの言葉にしている可能性はあるのではないでしょうか?

Sponsored Link

最後に

純烈はもともと紅白歌合戦に出場するために結成されたグループなので、無事紅白出場が決まって本人たちもファンの方々も歓喜に満ち溢れました。
この紅白出場をきっかけにさらにブレイクするでしょうね!今後のご活躍が非常に楽しみです。

もちろん、小田井涼平さんとLiLiCoさんも末永く幸せになってほしいですね。

【了】

Sponsored Link