2018年の紅白歌合戦も目前となりましたが、ここにきて米津玄師さん紅白に出場するという衝撃の発表がありましたね!

ファンにとっては「やっぱり紅白には出場しないか…」と残念に思うムードが漂う中、紅白出場の発表はある意味最高のサプライズになりました。

米津さんへの紅白出場の交渉が最初になされたのは8月頃とされているので、それが真実なら米津さんは相当頑なに拒否したのでしょうね。

ただ、それでも粘って紅白出場の交渉をし続けたNHKに「粘り勝ちした!」「どうやって説得したんだ?」と讃える声がSNSで多く上がっていました。

そこで今回は、米津玄師紅白出場のために粘り続けたNKKがどうやって説得したのかについて徹底的に調査しました!

Sponsored Link

拒否する米津にどうやって説得し続けた?

事務所に電話で説得

基本的にNHK側が出演者の事務所に電話して交渉します。昨年の安室奈美恵さんや今年の米津玄師さん、ドリカムさん、サザンオールスターズさんクラスになると、もしかしたら直接会って頭を下げている可能性もあるかもしれませんが、基本的にはまず事務所に電話をします。

どうしても出演して欲しいアーティストに対しては、NHKが独自のルートで説得に動く。スケジュールを押さえるために夏前ごろから接触しています

独自ルートの詳細に関してはNHKの極秘情報であるため、情報を得ることは出来ませんでした。

今回米津さんが、土壇場で出場を決意したのはNHK側からある提案をされたからだそうです。それは、会場であるNHKホールではなく米津さんの故郷である徳島で中継することだそうです。

米津さんにとっては祖父が他界してから1年が経つ今年12月に、自身の故郷であり祖父が生きていた地で、ご自身初となるテレビ生中継での歌唱というところに意味を感じられたのでしょう。頑なに出演を拒んだのにもかかわらず、この提案があった時は快諾したそうです。

紅白出場を拒否していた理由

もともと米津さんは「テレビに出演するのが苦手」だと仰っています。人見知りで内向的な性格であることからテレビ出演を避けていたみたいですが、ファンの皆さんは納得しているようで「米津さんはテレビには出ない人」というようなイメージが広まっています。(VTR出演などはする)

ただ、全くテレビに出ないのか?というとそうでもないです。「Zip!」の取材には答えていますし、米津さん本人も「出ないと決めているわけではない。テレビ側が呼んでくれれば、あと自分が必要だと感じれば出る。」と話しています。

情報番組の取材は受け、テレビで歌うことは避けており、線引きはイマイチ分かりませんがとにかくテレビ出演が本当に苦手なんでしょう。

誰が紅白出場の交渉しているの?

紅白出演歌手は“3人”で選んでいる!?

近年までNHKエンターテインメント番組部に勤めていた元スタッフによれば、現在の出演者選考はエンターテインメント番組部長と、紅白のCP・デスクの3人のほぼ専権事項だという。

現在、エンターテインメント番組部長は二谷裕真さんで、
CP(チーフプロデューサー)は渋谷義人さんです。

紅白出場には基準がありそれを満たしていないと基本的にはお声がかかりませんが、最終的な決定権はこの3人にあるようです。

Sponsored Link

米津玄師に直接アプローチをした人は?

出演交渉をするのは「NHKの担当者」と言われていますが、昨年の安室奈美恵さんや今年の米津玄師さんに関しては、もしかしたらCPの渋谷さんが出向いている可能性もあります

大物歌手や大手芸能プロダクションと渡り合うにはそれなりに交渉力(立場的にも実力的にも)がある人でないと厳しいですからね。

米津さんのような「何としてでも出て欲しい」歌手に手段を選んでいる余裕はないでしょう。

米津玄師の特別枠に対する世間の反応は?

米津さんの紅白出場報道があった時、「NHKの粘り勝ちだ!」「どうやって説得したんだ?」「NHKよくやった!」との声が多かったです。

ただ、やはり普段テレビに出ないスタンスが世間には浸透している為、米津さんの出演に対して「出てほしくなかった…」といった声もちらほらありました。

ファンの方々にはそれぞれの望む“米津玄師の在り方”があるのでしょうね。テレビで頻繁に見かけるアーティストとは違って“テレビに出ないこと”がある種のブランドになっていたとしたら、「紅白に出てほしくなかった」というファンの気持ちも分かります。

Sponsored Link

最後に

今年の大目玉も特別枠での出場が決まり、いよいよ楽しみになってきましたね!
米津さんの2018年の人気の上がり方は凄まじかったですが、紅白出場を巡ってさらに認知度が上がりました。2019年も米津さんのような大ブレイクするアーティストが現れるかもしれませんが、米津さんも衰えることなく人気度を増していくでしょうね!

米津さんの今後のご活躍を引き続き応援しましょう!

【了】

Sponsored Link