日本の女子レスリング界のスーパースターである吉田沙保里選手と伊調馨選手の2人に不仲説が囁かれています。

吉田沙保里選手と言えば、個人戦206連勝、世界大会16連覇でギネス世界記録を獲得し、「霊長類最強」と言われてきました。

一方伊調馨選手は、そんな吉田沙保里選手でも成し遂げられなかったオリンピック4連覇を成し遂げ、個人戦189連勝、25試合連続無失点、さらには国民栄誉賞を受賞するなど、引けを取らない輝かしい成績を収めてきました。

しかし、吉田沙保里選手と伊調馨選手がテレビで共演したり、会話したりしているところをあまり見たことがなく、同じ競技をしているのにまるで別々の世界にいるかのような関りの無さ「仲が悪いのではないか?」と察する人もいたようです。

そこで今回、吉田沙保里選手と伊調馨選手の“不仲説”について調べてみました。

Sponsored Link

衝撃!二人は「犬猿の仲」


マスコミやテレビ局の関係者の話によると、吉田沙保里選手と伊調馨選手は長年にわたって「犬猿の仲」であるそうです。

本人たちの口から「私たちは仲が悪い」などと明言されているわけではないので、厳密に言えば説の領域を抜け出せないのですが、多くの関係者らが口を揃えて「仲が悪い」と言い、不仲であることは相当有名であるそうです。

マスコミの中で、二人の犬猿の仲は有名ですよ。12年のロンドン五輪の前、伊調が吉田に対して『(テレビ出演など)競技以外の世界でも活躍されていて、すごいなと思います。私にはまねできない』とホメ殺ししましたが、この頃には両者の対立はもはや収拾がつかないほどになっていた。

お互い、公式な場でのツーショットだったり、大会や受賞式後には相手を称賛するコメントを出しますよ。ただし、練習後の取材やインタビューで、名前を出すことはタブー。特に吉田は伊調の名前を聞いた瞬間からムッとした表情に変わる。

テレビ局の報道デスクより

 

「新聞記事で伊調を取り上げると、(吉田が)『ここ、間違ってますね』とか、『この話、ウソですよ』とわざわざ指摘して、ビックリさせられたものです(苦笑)」

スポーツ紙記者より

一連のパワハラ問題が噴出してからは、テレビ出演を断り続けているだけに、吉田サイドから『なぜ、告発が今だったのか』という疑念だけでなく、『もう顔も見たくない』という声まで聞こえています。

レスリング関係者より

これだけの関係者による証言があり、お互いを接触させたり話を持ち出すことがタブーになっているようです。

Sponsored Link

二人の不仲説の理由は?

性格の違いから馬が合わなかった?

吉田選手の天真爛漫で明るい性格とは対称的に、伊調選手の性格は寡黙で他人に馴れ馴れしくしない性格です。吉田選手を慕ってプライベートでもベタベタとくっつく後輩はたくさんいるものの、伊調選手のようにあまり慕わない後輩に内心「かわいげがない」くらいに思っていたかもしれません。また、吉田選手と同様に金メダル候補として、後輩で階級も違いますがライバル意識のようなものがあったのかもしれません。

栄和人氏との対立をきっかけに吉田沙保里とも決別?

吉田沙保里と犬猿の仲になったきっかけとして、元強化本部長の栄和人氏との対立(パワハラ騒動)があるのではないか?とも言われています。

伊調馨選手は、元は中京女子大学(現・至学館大学)で栄和人氏から指導を受けていました。しかしレスリングスタイルの変更により栄和人氏のもとから離れ、拠点を東京に移し田南辺力コーチに師事を仰ぐことになりました。

将来の金メダル候補が自分のもとから居なくなることに腹を立てた栄和人氏は、それから伊調選手のことを憎むようになり陰湿な嫌がらせが始まります(後のパワハラ騒動)。

吉田沙保里選手にとって栄氏は師匠的な存在であり、絶対的に栄氏の味方であったため、栄氏が敵対する伊調選手を一緒になって嫌うようになったのでは?ということです。

これらは全て推測ですが、世間では両者の不仲説について気になっている人が多かったみたいなので、情報や憶測などをまとめさせて頂きました!

吉田沙保里選手の引退により、両者の対決を見られることはなくなりましたが、昨年復活した伊調選手には東京オリンピックで頑張ってほしいですね!

【了】

Sponsored Link