人気アイドルグループ『King & Prince(キンプリ)』の平野紫耀さんの弟が、実は紫耀さんよりも先にラッパーとしてCDデビューしていたことをご存知でしたか?

名前は平野莉玖!(漢字が格好良すぎ。。)

ジャンルは違えど同じ歌手として活躍する平野兄弟は本当に素晴らしいですが、一躍大スターになった紫耀さんとは対照的に弟さんのブレイクはまだこれからになりそうです。

今回はそんな弟・莉玖くんに関する情報をまとめてみました!

Sponsored Link

平野紫耀の弟・莉玖くんについて!

莉玖(Ricky)のプロフィール

名前は平野莉玖(りく)で、年齢は18歳か19歳です。もうすぐ22歳になる紫耀さんの3つ年下だそうです。
生まれは愛知県名古屋市。
職業はラッパーだと言われていますが、HIPHOPダンサーとしても活躍しておりEXLIEのライブでバックダンサーを務めた経験があります。
ラッパーネームはRickyで、2005年(当時小1)から活動しているそうです。

Rickyの経歴

2005年 兄・紫耀さんとSHOW&RICKYというユニットを結成しました。Rickyはこの時小1です。
2007年 EXLIEの名古屋ライブでバックダンサーを務めました。
2008年 オアシス栄で開催されたアニソングランプリU-22で準優勝
2010年 AK-69マイクコンテストで36人中6位で決勝に進出
2011年 小学生ラッパーとして東海地方のテレビ番組に出演。さらに年間50本のライブを経験。

幼少期から兄・紫耀さんと同じダンスレッスン教室に通っていたそうで、二人は最初は同じ地点からスタートしていました。
日本でラッパーとしてスターになるのは茨の道だということを理解しつつも、夢を諦めずに追いかける姿がかっこいいですよね。

ラッパー以前に影響を受けた言葉:「夢見続けている奴らは、金なかろうが乞食だろうがどっちでも良いんだぜ」

RickyのYouTube動画

今から7,8年前の動画なので、Rickyはこの時11歳か12歳です。小1の頃には活動していたので、この頃から既に風格がありますね!

続いてこちらは昨年11月に公開されたMusicVideoです!

HIPHOPラッパーらしいアンダーグラウンドの世界観に非常に引き込まれますね!

また、Rickyはフリースタイルラップも得意とし、1対1のラップバトルに参戦することもあります。

Sponsored Link

何があった!?Rickyが喧嘩負けて顔面ボコボコ

ラッパーのアンダーグラウンドの世界は非常に怖いもの。普通に日常を過ごしていたらありえないような喧嘩をしたりします。

これは、12月2日にRickyが上げた怒りのインスタライブです。傷だらけの痛々しい顔で横たわりながら配信しています。

どうやら渋谷で15対1ののリンチに遭ったようです。相手に関しては「1%周りじゃね?」と言っていましたね。
『1%』とは有名ラッパーのANARCHY(アナーキー)が設立したHIPHOPのプロジェクトのことです。
ANARCKYとRickyは以前殴り合いの喧嘩をし、Rickyがボコボコにしたそうですが、それについては和解していたはずですが。。

ANARCKYは内心許していなかったのか、真実はまだ分かりません。

最後に

小学校6年生の時点で年間50本のライブをこなすという、HIPHOP界では天才と言われているRickyは2015年についにCDデビューしました!
まだ地上波で出演回数が多いわけではありませんが、これから人気も知名度も増していくのかもしれませんね。

兄・紫耀さんはとてつもないスターになりましたが、RickyさんもHIPHOP界で伝説を残すようなアーティストに是非なってほしいですね!

【了】

Sponsored Link