大手YouYuberプロダクションの『UUUM』に所属している水溜りポンド、東海オンエア、フィッシャーズの3グループ詐欺の疑いがかけられ、SNSで炎上しているみたいです。

まだ現時点で確定しているわけではありませんが、場合によっては大きな問題になることにもなるので何が起こっているのか一度まとめさせて頂きます!

Sponsored Link

YouTubeのチャンネルメンバーシップ加入条件の記載事項を巡ってトラブルが発生

メンバーシップとは?

月額料金を払って加入すると特典がもらえる会員制度のことです。

今回水溜りボンド、東海オンエア、フィッシャーズの3グループが導入したメンバーシップでは、月額490円を払うと以下のような特典がもらえます。

・バッジ
・限定絵文字(スタンプ)
限定動画
・生配信
・日記
・オフショット   など

 

以下は水溜りボンドさんの「チャンネルメンバーシップについてお話します。」というタイトルの動画ですが、特典に「限定配信」と明記されています。

メンバーシップ限定動画が加入しなくても見ることが出来る問題

ここが問題となっているところですが、月額490円払って会員になることで見られるはずの「限定動画」が、会員でなくても見れてしまうそうです。

 

え・・・?と思いますよね。

 

正確に言うと、メンバーシップ向けに公開した動画のURLを拡散してしまえば、その動画を誰でも見れるようになってしまうということです。

 

なぜそんなことになっているかというと、元々YouTubeのチャンネルメンバーシップ制度に会員のみに配信できる動画を設定できるシステムがない為です。

 

YouTube公式のメンバーシップ制度では、会員の特典として以下のものがもらえると記載されています。

・ラフカット、メイキングムービー、通常動画への早期アクセス、メンバー限定のライブ配信
・Q&A用のライブ配信、今後の動画の内容を決めるためのアンケート、〈コミュニティ〉タブの写真やテキストの更新
・名前の呼びかけやクレジット表示

「早期アクセス」です。
つまり、通常の動画は「会員が非会員よりも先に見れる」というだけであり、「会員しか見れない」と限定することはYouTubeのシステム上出来ないということです。

にもかかわらず、「限定配信」と明記してしまったことで詐欺だと炎上しているみたいです。

Sponsored Link

意図的に詐欺をはたらいたわけではない?

上の動画を見る限り、水溜りボンドさんに悪意はなさそうです。YouTube公式のチャンネルメンバーシップのシステムを理解せず「限定動画を配信できる」と解釈してしまったか、あとはUUUMとそのあたりの擦り合わせも出来ていなかっただけではないでしょうか?

しかし、視聴者からお金をもらう以上「知らなかった」では済まない問題でもあるかと思いますがね。

 

東海オンエアさんも同様に限定動画あると明記・明言してしまっています。

 

しかし、フィッシャーズさんは「限定動画を配信する」といった名言や明記はしておりませんでした。(完全に飛び火)

動画内で「限定動画を配信する」といった明言をしていないだけではなく、「今後の動画を早く見られるといったことは一切ない」と早期アクセスまでも否定しています。

そのためフィッシャーズさんに関しては、完全にとばっちりを受けた可能性が高いですね。

暴露したコレコレと東海オンエア・虫眼鏡が揉めている!?

そもそもこの一件が明るみになったのは、人気YouTuberであるコレコレさんが生配信で暴露したことから始まりました。
「動画や生放送はURLで見れる」「加入した人が可哀想!タダで見れるじゃん!」と生放送で発信し、あっという間に拡散されました。

事実なので暴露したことが悪いことではないのですが、これにより水溜りボンドの虫眼鏡さんがコメントしました。

— 虫眼鏡【東海オンエア】 (@TO_ZAWAKUN) January 23, 2019

 

「発信者なら発する言葉一つで大きな問題につながることを考えろ」と強く主張されていますね。

東海オンエアさんにとっては意図的に詐欺をはたらいたわけではなさそうなので、「意図的に詐欺した」と捉えられるような発信のされ方に腹が立ったのでしょう。

 

これを受けてコレコレさんも「遅かれ早かれ出てくる話じゃん」「いくら何でも全部俺のせいにしすぎじゃないの?」と返しました。

Sponsored Link

【結論】意図的な詐欺ではなさそう

確かに水溜りボンドさんと東海オンエアさんが明言・明記した「メンバーシップ限定の動画が見れる」というのと実際は違いましたが、意図的にファンを騙したとは考えづらいです。

 

そんなすぐにバレる嘘を意図的について得られるお金より、バレたときに失うものの方が大きいでしょうし。

 

元々のYouTubeのチャンネルメンバーシップの特典をしっかりと把握していなかったことが原因だと思われます。

 

まだメンバーシップを導入して2日ほどしか経っておりませんが、どのような対応をするのか今後が気になりますね!

 

引き続き3グループの動画を楽しませて頂きながら行く末を見守りましょう。

 

【了】

Sponsored Link