中央大学4年生の堀尾謙介くんが東京マラソン2019でなんと日本人1位の快挙を成し遂げ、MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)への出場枠を獲得しました!

 

メガネがトレードマークで“有能メガネ”の愛称を持つ大学生ランナーですが、いったいどのような経歴を持つのでしょうか。また、現在大学4年生の堀尾くんの今後の進路についてもまとめさせて頂きます!

Sponsored Link

“有能メガネ”こと堀尾謙介について

wiki風プロフィール

 

名前:堀尾謙介(ほりおけんすけ)

生年月日:1996年8月12日

出身:兵庫県

身長:183㎝

体重:61㎏

所属:中央大学

ツイッター:堀尾謙介公式ツイッター

自己ベスト記録・成績

5000m:13分54秒45 (日本人学生記録)
10000m:28分34秒54
ハーフ:1時間1分57秒
フルマラソン:2時間10分19秒 ←NEW

学歴・経歴

中学校時代

中学校は出身である兵庫県の姫路市立大白書(だいはくしょ)中学校を卒業しています。後輩には東海大学のライバル・中島怜利さんがいるそうで、先輩・後輩として非常に仲が良さそうです。

 

 

先輩の堀尾謙介さんを「ホリケン」と呼んでいるところが、先輩・後輩関係なしに仲良しで信頼関係が強い証ですね!

高校時代

高校時代は兵庫県の名門・須磨学園高校に進学しました。

中学生時代は正直なところ目立った活躍はしていませんでしたが、高校時代は全国高校駅伝に出場したり、山梨インターハイで5000m走11位・全国高校選抜大会で10000m走4位に入る活躍を見せています。

 

 

髪形は坊主でしたが、メガネをかけているはこの頃から変わっていないみたいですね。キャラクターが確立していて今も昔もファンは非常に多いみたいです^^

Sponsored Link

中央大学での成績

 

須磨学園を卒業後は中央大学・経済学部・経済学科に進学しました。

 

しかし、大学に入ると坊主ではなくなりオシャレヘアスタイルになり、イメージが変わりましたね!
元々高身長なので、オシャレでイケメンでメガネというトレードマークまであるので、非常にうらやましいです。

 

2016年の10000m走では一色恭志選手に次ぐ2位の記録(28分34秒54)をたたき出し、学生連盟選抜に選ばれました。

大学卒業後の進路は?

堀尾謙介 中央大学

現在大学4年生で卒業式を間近に控えている堀尾くんは、なんと愛知県のトヨタ自動車に内定が決まっているとのことです。

トヨタ自動車の陸上長距離部には服部勇馬選手や藤本拓選手ら一流のランナーが所属しているため、堀尾くんが自分の実力を磨くには申し分のない環境ではないでしょうか。

フルマラソンで才能をいかんなく発揮し、2020年の東京オリンピックで活躍する姿が見れるといいですね!

Sponsored Link