1990年代にアメリカで大ヒットしたドラマ『ビバリーヒルズ高校白書』『青春白書』に出演していた俳優のルーク・ペリー氏がカリフォルニア州の病院で亡くなりました。

 

52歳という若さでこの世を去ったペリー氏の死因は何だったのでしょうか?さらに製作が決定していたビバヒルのリバイバルドラマ制作中止になってしまうのか?

 

今回はそのあたりの情報についてお伝えしていきます!

Sponsored Link

死因は『重度の脳卒中』

ルーク・ペリー氏の死因重度な脳卒中とのことでした。

 

先月27日(水)の午前中にペリー氏本人が救急車を要請し病院に搬送されており、治療薬で昏睡状態を保ち経過を観察していましたが、それから5日後の死去となりました。

 

救急車を要請した時には、救急隊の呼び掛ける声に反応することが出来ていたと言いますが、それからあまりにも早い死去に本人も脳卒中の危機が迫っていたことに気が付いていなかったのかもしれませんね。

リバイバルドラマは制作中止?

今年1月に放送局未定でビバリーヒルズのリバイバルドラマの企画が進んでいることが明らかになり、ペリー氏が亡くなる前日の今月3日には正式に制作が決定していました。

 

しかし、この時点ではオリジナルキャスト“6人”が出演することが決まっていましたが、その“6人”の中にはペリー氏の名前はありませんでした。

 

ペリー氏はこのリバイバルのオファーが来たとき、すでに『リバーデイル』のスピンオフドラマに出演することが決まっていたため断ったといいます。
そのため、ペリー氏の死去でビバヒルのリバイバルドラマの制作が中止になる可能性は低いと思われます。

Sponsored Link