『Fate』シリーズや『鬼滅の刃』、『刀剣乱舞』など、大ヒットアニメを多数生み出しているアニメ制作会社・ufotable(ユーフォ―テーブル)有限会社に脱税容疑がかかり激震が走っています。

 

近藤光社長が販売したグッズの売上を銀行口座に入金して管理せず、現金の束で回収して所得を隠していたことを認め、逮捕・起訴される可能性もあると言います。

 

数々の人気な作品を手掛けているufotableですが、中でも『鬼滅の刃』は今月29日に劇場版映画が公開され、4月6日からアニメが放送されるため、楽しみにしているファンは非常に多いです。

 

映画は無事放映されるのか、またアニメは放送中止になったりしないか?『鬼滅の刃』の今後の可能性について考えてみました。

Sponsored Link

ufotableの行方は!?

近藤光社長は逮捕か

グッズの販売個数や在庫数の管理が非常に杜撰で、売上金も銀行口座で管理せず現金の束で近藤社長が所持していたとのことです。

 

今後1年くらいかけて調査が続けられると思いますが、起訴、逮捕の可能性も十分に考えられます

 

関係者によれば、近藤氏は当局に対して容疑を認めているという。

 

本来脱税では、よほど悪質な行為ではない限りは逮捕することはなく、追加徴税と罰金で済まされますが、同社の杜撰な会計処理では逮捕される可能性も十分高いとされています。

会社倒産の可能性は?

近藤社長が逮捕・起訴された場合、会社の運営はどうなってしまうのでしょうか?特にufotableは近藤社長が立ち上げた会社なので、その本人が突然いなくなるのであれば、経営が厳しくなることは明らかです。

 

まず、脱税によるペナルティですが、「追徴課税」と「罰金」の2種類のお金を払うことになります。

「追加課税」には本来払うはずだった金額に「加算税」と「延滞税」が上乗せされた額の税金のことです。さらに罰金では脱税額の10分の1~5分の1くらいの金額が課せられます(過去の事例より)。そのため、仮に脱税額が10億円だった場合、1億円~2億円程度の罰金が課せられることになるでしょう。

 

仮に売り上げが30億円で、半分の15億円の所得を隠していた場合、追徴課税は加算税や延滞税、そして消費税なども含めると同額超になる可能性もあるでしょう。(元国税調査官の松嶋洋税理士)

引用:文集オンライン

 

追徴課税や罰金などが積み重なって支払い不能になった場合、破産する可能性もあります。

 

「ユーフォーテーブルの代表作と言えば、やはりゲームの世界をアニメ化した『Fate』シリーズでしょう。劇場版『Fate』シリーズでは、2017年に公開された第1章が観客動員数で98万人を超え、興行収入は15億円を達成。現在、公開中の第2章は前作を超え、観客動員数100万人を突破する大ヒットになっています」(アニメ業界関係者)

 

しかし、劇場版Fateを代表的に、映画やアニメで大ヒット作品を連発しているufotableの利益からすると、ペナルティによって倒産してしまう可能性は低いのではないかと思います。

 

ただ、追加徴税や罰金の支払いが出来ても、信用を失ってしまったことによって仕事が減り経営が立ち行かなくなる可能性も将来的には考えられます。

Sponsored Link

「鬼滅の刃」の映画・アニメはどうなる?

 

今月29日に映画公開、4月6日から新アニメの放送開始を控えている「鬼滅の刃」ですが、中止になってしまうのではないかという心配はありますよね。

 

しかし、「鬼滅の刃」の放映が中止になったり、アニメ放送が中止になる可能性は極めて低いと考えています。

 

例えば、最近新井浩文さんが逮捕されて「善悪のクズ」という映画が放映中止(お蔵入り)になりましたが、それは演者(新井浩文)と彼の所属事務所であるアノレに損害賠償金を請求する方が、公開して赤字になるよりも確実に元を取れるからです。

 

しかし、今回のufotable脱税では制作会社が問題を起こしているため、仮に収益が落ちるにしても公開して少しでもコストを回収した方がダメージを抑えることが出来ます。

 

それに、ファンは正直、制作会社のことはどうでもよくアニメが無事見れればそれで良いと思っているため、公開中止にしたりアニメを放送中止にすると反発が強いことが予想されます。

 

 

半年後や1年後に控えている作品の中止を検討するのであれば分かりますが、明日や来月頭に控えている作品を中止にすることは現実的ではありません。

まとめ

近藤社長が逮捕・起訴されても今後1年は国税局の調査が入るため、直ちにufotableが倒産することはないでしょう。

明日公開される『鬼滅の刃』の映画や来月6日に放送されるアニメも、放送中止になる可能性は極めて低いです。

 

ただ、信用を失ってしまったufotableの経営が将来的にどうなるかは心配なところですが、今後の情報を待ちましょう。

Sponsored Link