俳優のニコラス・ケイジとメイクアップアーティストのコイケ・エリカが4日前にラスベガスへ結婚許可証を申請したことが報じられ、結婚秒読みであることが話題となっていました。

 

しかし、祝福のムードになっていた世界中が一転、二人の結婚生活はわずか4日で破綻していたというニュースに衝撃的が走りました。

 

驚くべき点は2つ。まず、1年以内に結婚するのでは?と噂されていたのが、許可証を取得した4日前に籍も一緒に居れ、結婚が成立してた事。そして、その結婚生活はわずか4日で終わりを迎えようとしていることです。

 

一体なぜ4日で破局することになってしまったのでしょうか?その理由について情報を探してみました。

Sponsored Link

ケイジとエリカが破局!

先週土曜日(現地時間)、ラスベガスで結婚許可証を取得したニコラス・ケイジ。許可証の有効期限である1年以内に恋人のエリカ・コイケさんと結婚すると予想されていたが、許可証の取得と同日にラスベガスの「ベラージオ」で結婚していたことが明らかになった。

これだけでも十分なサプライズであるが、なんと2人はすでに破局している模様。結婚から4日後の今週水曜日に、ニコラスがネバダ州クラーク郡の役所に「婚姻無効」を申請したと「The Blast」などが報じた。ニコラスは「婚姻無効」を申請したものの、それが不可能であれば「離婚」を希望しているという。

 

先週土曜日(23日)に結婚許可証を取得&入籍

4日後の水曜日(27日)に「婚姻無効」を申請

新生が無効ならば離婚するつもり

 

簡単に流れで言うとこんな感じだそうです。
婚姻の取り下げを申請しており、ダメなら離婚すると。これはもう完全に破局したといってもよさそうですね。。

籍を入れたばかりというのは、二人の幸せが絶頂になっているはずなのにわずか4日で破局してしまうのはどうにも不可解ですよね。

結婚4日で破局した理由は?

ニコラスケイジ コイケエリカ
ニコラス・ケイジとエリカ・コイケが4日で破局した原因は、どうやらエリカ・コイケの元彼(今は男友達)がドラックディーラーで薬物中毒であることだそうです。これはあくまでもニコラス・ケイジの言い分ですが、エリカ・コイケは否定していません。

結婚許可証を申請した当時を映したビデオでは、ニコラス・ケイジはかなり泥酔していたようで言動がめちゃくちゃだったようです。

「彼女にはドラッグディーラーの男友達がいるんだ。だから(申請は)しない」と怒鳴りつけており、かなり立腹している様子。しかしエリカが、「私は(申請してなんて)一度も言ったことはない」と言い返すと、笑いながらエリカを促し、申請を始めたという。

しかしそのあいだ中、ニコラスは「彼女は俺の財産をすべて持ち去ろうとしている。元カレは薬物中毒だからね」と叫び続け、それに対してエリカは「ベイビィ、私はこんなことしてくれって言ってない」と言い続けていたそうだが、結局個室に入っていった2人は申請を済ませたとか。言動は支離滅裂だが、元カレと男友達として関係が続いているのが気に入らないということだろうか。

 

どこからツッコんだら良いか分かりませんが、まず第一の謎はニコラスが入籍を申請する場で泥酔していること。続いてニコラスは「申請しない!」と主張し、エリカも「私も申請してなんて言っていない」と同意見なのに、笑って申請を促し入籍していること。非常に意味が分かりません。

酔ったノリで籍を入れてしまい、酔いが冷めたときに籍を入れたことに後悔したのでしょうか?

まとめ

いろいろと不可解なことだらけですが、ニコラスが薬中の男友達がいるエリカを認めず、エリカもそもそも入籍に前向きではなかった(?)こと。それにも関わらず酔った勢い(?)で籍を入れてしまったことが、4日で破局した原因なのかもしれません。

日本のSNSでは「笑ったw」「自由すぎw」など総ツッコミが入り、かなり大掛かりな“一発芸”となってしまったようです。

Sponsored Link