ソフトバンク・ホークスの柳田悠岐選手が、昨日4月7日に行われたロッテ戦で、左膝を痛めて途中交代となっていました。

 

試合後に福岡市内の病院で検査を受けたところ、左半膜様筋腱損傷(左膝裏の肉離れ)全治3週間程度と診断されたことが、本日発表されました。

 

手術を伴い、シーズンを棒に振るような大ケガじゃないだけまだマシではあるのかもしれませんが、具体的にいつ頃復帰できるのか、その時期が気になりますよね。

Sponsored Link

肉離れの全治期間は?

 

柳田悠岐選手の左膝裏肉離れの全治期間は3週間程度だと発表されていますが、通常の肉離れの一般的な全治期間は、軽度なもので3週間~1ヵ月程度、重度なものだと2ヵ月かかることもあるそうです。

 

そのため、柳田選手の肉離れは幸いにも軽度のものと考えられます。

 

しかし、当然ながら3週間後にはまたいつものように試合に出られるわけではありません。徐々にリハビリを行い、2軍の試合で調整して完治したと踏んだら1軍に戻ってくるのだと考えられます。

実践復帰はいつ頃か?

肉離れで全治3週間の場合、3週間安静にしていてそこからリハビリを開始するというわけではありません。だいたい3日間~1週間くらいは安静にしながら痛みの様子を見て、痛みが引いてきたら慎重にリハビリが開始されます。

 

軽度のストレッチから初めて、ウォーキング、筋トレ(エクササイズ)、ジョギングと徐々に強度を上げていきます。

 

そのため、3週間から1か月程度で練習や実戦に参加できるのではないでしょうか?そのため、5月頃には2軍の練習や実戦に徐々に参加し、順調にいけば5月中旬か、長引かなければ6月に入るまでには1軍に復帰されると考えられます。

Sponsored Link

まとめ

 

全治3週間で、5月半ばには1軍復帰でき見込みではありますが、肉離れは癖になりやすいケガなので慎重にケアする必要があります。まだシーズン初めなので、下手すれば再発を繰り返してシーズンの半分以上を棒に振ってしまうなんてこともあり得るので、無理はしないでほしいですね。

 

柳田選手の離脱はソフトバンクにとって痛いのは間違いないので早々に復帰してほしい気持ちはありますが、柳田選手がいなくても買って貯金を溜められるよう全力で応援していきましょう!

Sponsored Link