本日(5月12日)の夕方ごろ、ベテラン俳優の佐藤浩市さんがネットで大炎上しました。

 

原因は、佐藤浩市さんが自身が出演した実写映画「空母いぶき」のインタビューで答えた内容が、世間にとって不適切なものに感じたこと。

 

そのインタビューの内容に対し、有名作家の百田尚樹氏がTwitterで怒りのコメントを投下し、さらに幻冬舎社長の見城徹氏も追撃するように激怒のコメントを連発しました。

 

事を知ったネット民が参戦し、TwitterのトレンドとYahooのリアルタイムで「佐藤浩市」のワードがあっという間に急上昇しました。

 

炎上の内容を詳しく見ていきましょう!

Sponsored Link

佐藤浩市の「空母いぶき」インタビューでの問題発言とは?

問題の「空母いぶき」のインタビューでの発言内容はこちらです。

 

「空母いぶき」とは戦争モノの漫画で、佐藤浩市さんはこの実写版映画に総理大臣役で出演しました。しかし、『ビッグコミック』に掲載されたインタビューの書き起こしが今回問題となりました。

 

以下、佐藤浩市さんのコメント書き起こし

「最初は絶対やりたくないと思いました(笑)。いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残っているんですね。」

「彼(首相)はストレスに弱くて、すぐにお腹を下してしまうっていう設定にしてもらったんです。だからトイレのシーンでは個室から出てきます。」

 

このコメントに百田尚樹氏や見城徹氏らの著名人を始め、読んだネット民が激怒しました。

百田尚樹の怒りのツイート!

百田尚樹

 

あの人気小説『永遠の0』や『海賊と呼ばれた男』を世に出した人気作家の百田尚樹氏による怒りのツイート2連発です。

 

佐藤浩市さんの役柄によってモチベーション変わるというプロ意識を疑うようなコメントと、「下痢する弱い首相にしてくれ」という要求に我慢ならず大激怒しました。

 

「もう絶対に見ない」と宣言までしてしまっています。。
百田尚樹さんほどの相当な影響力のある人物を映画公開前に敵に回してしまったら、相当興行収入に響きそうですね。。

 

それにしても「三流役者が偉そうに!」って……(^^;

Sponsored Link

見城徹も怒りのツイート連発!

見城徹

 

大人気ビジネス書『たった一人の熱狂』の著者であり、出版社・幻冬舎の社長・見城徹氏も百田尚樹氏のツイートに同意し、怒涛のツイートを連発しました。

 

 

百田尚樹さんに追従して、見城さんも速攻で「観るのやめました」と一刀両断。

 

「嫌なら出なきゃいい」「『体制側』などと婉曲に言うからおかしなことになる」「病気を笑い者にするように演じたなら、黙して語らないことだ。そんな悪意のある演技を観たくもないよ。」「自分の発言がどれだけ共演者やスタッフに迷惑をかけているか、よく考えて欲しい。」「大好きな俳優だった。しかし、これは酷い。見過ごせない。」と1ツイートでは収まらない怒りをぶつけました。

『空母いぶき』興行収入ガタ落ちか

 

『空母いぶき』の実写版映画公開日は5月24日ですが、既に興行収入がガタ落ちすることが予想されます。

 

百田尚樹氏、見城徹氏の怒涛の攻撃ツイート+「もう絶対観ない」宣言に、Twitterでは「私も観るのやめます!」「俺も絶対見ない!」と便乗する人が相次いでいるからです。

あれほど演技力があって人気だったベテラン俳優・佐藤浩市さんの評価が、ここまで大暴落するって…。「言葉」って本当に怖いですね。
いや、佐藤浩市さんの中にはすっと以前から“しくじり”があって、ついにそれが表面化してしまったという感じでしょうか。。

Sponsored Link

佐藤浩市、芸能界を干される可能性大!?

Twitterでは「(空母いぶきを)もう観ない!!!」というような怒りのツイートの嵐が巻き起こっていますが、それだけではなく「佐藤浩市が嫌いになった」「佐藤浩市の作品は二度と見ない」「佐藤浩市がもしCMに出演したら、その企業にクレーム入れまくる」などの佐藤浩市さん個人に対する批判がものすごく起きています。

これは本当に冗談では済まされず、佐藤浩市さんの俳優人生・芸能人生に自身で幕を閉じる出来事になりそうですね。

性的暴行や薬物で芸能界を去ったあの人たちよりも作品や役者に対する信用を失い、損害賠償が発生しそうな気がします。

Sponsored Link