佐藤浩市さんに俳優人生の大ピンチが訪れているみたいです。

 

本日(5月12日)の夕方ごろ、佐藤浩市さんが出演する映画『空母いぶき』の公開前インタビーで配慮に欠ける回答をし、著名人らを始め多くの国民から大バッシングを受ける大炎上騒動がありました。

 

これがちょっとやそっとの炎上ではなく「佐藤浩市の作品は今後絶対に見ない」「佐藤浩市がCM出てたらクレーム入れて不買騒動起こす」など、警告や宣言のようなツイートが巻き起こり、大変な事態となっているのです。

 

どうしてそうなってしまったのでしょうか。また、佐藤浩市さんは芸能界を干され、引退(追放)に追い込まれてしまうのでしょうか。気になる情報について探ってみました!

Sponsored Link

佐藤浩市が「空母いぶき」インタビューで不適切発言

問題となったのは、佐藤浩市さんが『ビッグコミック』という雑誌のインタビューでのことです。そこで回答した発言の内容があまりにも不適切で、それがそのまま雑誌に文字起こしされ掲載。それを読んだ百田尚樹氏、見城徹氏をはじめとする著名人や世間の人から大バッシングを受けたのです。

 

問題の「空母いぶき」インタビューでの不適切な発言がこちらです。

 

「最初は絶対やりたくないと思いました(笑)。いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残っているんですね。」

「彼(首相)はストレスに弱くて、すぐにお腹を下してしまうっていう設定にしてもらったんです。だからトイレのシーンでは個室から出てきます。」

世間から非難の嵐

 

幻冬舎代表の見城徹さんや大物作家の百田尚樹さんらを始めとする有名人から激怒のツイートを連発され、それに続き国民からの総攻撃を浴びました。

百田尚樹・見城徹の攻撃

 

「もう絶対見ない」「人の難病をこんな風に言うなんて」「嫌なら断るべきだ」など複数回にわたってツイートし非難しました。

Sponsored Link

大炎上!「佐藤浩市の作品は観ない」

 

納得できない役に対して終わってから文句言うところ、「俺ら世代は」と世代を使って自身の至らなさを隠すところ、また難病の人を卑下すかのような振る舞いに世間も怒り心頭。「佐藤浩市のドラマ・映画は見ない!」「佐藤浩市のCM商品は買わない!」などまるでストライキのような状況が起こっています。

 

佐藤浩市さんが問題発言した『空母いぶき』だけではなく、佐藤さんが出演するすべての作品を観ないという個人攻撃や、CM商品を買わないといった声まで上がっています。

 

たった少しの発言でここまで信用が急落してしまうなんて、言葉というものは本当に怖いものです。

Sponsored Link

公開中止・お蔵入りで損害賠償金が発生?

 

Twitterでは何百というレベルで「もう絶対見ない」という声が上がっているため、『空母いぶき』は公開前(5月24日公開)ですが早くも暗雲が立ち込めています。

 

興行収入が入らず、製作費を回収できる見込みがなくなれば当然映画は公開中止、つまりお蔵入りになります。中止になれば今年1月の新井浩文さんや、3月のピエール瀧さんみたいに多大な損害賠償金や違約金を支払うことも十分に考えられそうです。

 

性的暴行や薬物みたいに違法行為をしたわけではないので、彼らが犯したことと比較にならないほど小さな出来事かもしれません。しかし信用や好感度を著しく下げたという意味では変わらないのかもしれません。

佐藤浩市が芸能界から干されて俳優引退?

国民から「佐藤浩市の作品はもう観ない」と総スカンを食らってしまえば、今後ドラマも映画もキャスティングしづらくなります。さらには現在出演中のCMは降板、今後企業からオファーが来ることもなくなるかもしれません。CMは特にイメージ(印象)に神経質であるため出演タレントは好感度が命となります。

 

ちなみに現在出演しているCMは「伊藤園(綾鷹)」「キャノン」「三井住友信託銀行」の3本です。

 

きっちりと謝罪してこれ以上好感度を落とすのを防ぐこと、そしてしっかり改善して信頼を取り戻せるかどうかが、佐藤浩市さんの今後の俳優人生の分かれ目になりそうですね!

Sponsored Link