KANA-BOONが今月15日に控えていたライブ『KANA-BOONのOSHI-MEEN!!』を中止にする決定を下しました。

 

その理由は、KANA-BOONベーシストの飯田祐馬さん(28)が行方不明で音信不通であるからだというのが驚きです。人気バンドメンバーの失踪という前代未聞の事態に心配や不安の声が上がっているのはファンだけではありません。

 

最悪の事態なんて考えたくもありませんが、カナブーン飯田祐馬さんの安否が気になりますよね。SNSの情報をくまなく調べてみたところ驚愕の情報を発見しました。

Sponsored Link

カナブーン飯田が行方不明で音信不通!?

6月13日21時06分にこの衝撃のニュースを第一報で報じたのはスポニチアネックスでした。

 

15日開催予定のライブを中止すると発表した。ベースを務める飯田祐馬(28)と連絡が取れない状況が続いているという。「あらゆる手段を講じてコンタクトをとろうとしておりますが、現在まで音信不通の状態が続いております」と報告。

すでに家族が警察へ捜索願を提出している状況で、「先ほどまでメンバーと協議しました結果、6月15日(土)の企画ライブ『KANA-BOONのOSHI-MEEN!!』につきましては、中止せざるを得ないという判断に至りました」と公演中止を発表した。

引用:スポニチアネックス

 

2日後に迫ったライブはギリギリまで思慮を尽くした結果中止に。捜索願が警察に受理されてどれだけの日数が経過したかは分かりませんが、未だ行方不明の状態が続いているといいます。

いつから失踪したのか?

大手週刊誌の速報では、カナブーン飯田さんは5月31日に「ラジオ聴いてくれてありがとう!」という趣旨のツイートをしたのを最後に失踪したと伝えられています。

 

 

「『ありがとう』を最後に…」というタイトルで報じるややこしい記事もあるため遺言のように感じた方もいるかもしれませんが、ラジオのリスナーに感謝のツイートをしただけであり、失踪の予兆はありません。

 

カナブーン飯田さん自身のツイートは5月31日が最後ですが、翌日の6月1日に人気バンド『androp』の前田恭介さんへのリプライをしており、6月4日までは毎日テレビやラジオの情報をリツイートしていたため、6月4日までは確実に安否の確認が取れている状態にあります。

 

つまり6月5日~本日13日まで音信不通&行方不明の状態が続いているということです。

Sponsored Link

清水富美加(千眼美子)の“意味深ツイート”が怖すぎ!!!

冒頭でもお伝えした通り、清水富美加さん(現:千眼美子)とカナブーン飯田祐馬さんは過去に不倫関係にあったことが報じられています。飯田さんはこれを認め、謝罪もしていました。

 

そのため二人の関係は既に終わってたと思われていましたが、5日前の6月8日に清水富美加さんがTwitterでこのような“意味深ツイート”をしていました。

 

 

「悲しいお知らせ」「もう少し時間を共にしてみたかった」など、誰かとの別れを彷彿とさせる表現をしていることが分かります。

 

破局死別かは定かではありませんが、カナブーン飯田さんの失踪から3日後に呟かれているためタイミング的に何かしら関係があるのか、あるいは情報を掴んでいそうな感じがします。不倫とはいえ過去に恋人関係にあったため、このツイートで飯田さんを思い浮かべる人は多いでしょう。

 

このツイートが“ただの破局”であるといいですが…。。

Sponsored Link