これはイートイン脱税?スタバの持ち帰りをテラスで飲食はアウト!?

2019年10月から消費税10%に引き上げられましたが、「飲食店などでテイクアウトは8%」などの軽減措置が取られています。

しかし、これを逆手にとってテイクアウトで注文して店内で食べるという「イートイン脱税」が横行していることが問題視されています。

店側が対策に困るだけではなく、購入する側も「これってイートイン脱税に当てはまるだろうか…」と迷う時もありますよね。

そこで今回は、特に疑問の多いスタバで持ち帰り注文したものを、外のオープンスペース(テラス席)で飲食するのはイートイン脱税にあたるか問題について詳しく解説していきます!

Sponsored Link

『イートイン』の定義

イートイン脱税は、飲食店において『店内での注文』だと消費税は10%になり、『テイクアウト(持ち帰り)』だと8%になるという仕組みを逆手に取って行われるものです。

つまりイートインであれば10%、イートインでなければ8%ということですが、そもそも「イートイン」の境目って何なのでしょうか。

  • 外のオープンスペース(テラス席)は?
  • お店の駐車場は?
  • モール内のベンチや休憩スペースは?

これらは「店内」ではありませんが、かといってテイクアウトで注文したものをここで飲食するのはなんか気が引けますよね…。

特にスタバのようなテイクアウトの需要があり、かつテラス席や駐車場がある飲食店ならなお更です。

ここで、イートインを「店内」ではなく「敷地内」と定義づけて考えてみます。

そうすれば、オープンスペース(テラス席)や駐車場、モール内のベンチでの飲食が「イートイン脱税」に当たるかどうかが見えてきますよ!

Sponsored Link

スタバでテイクアウトしたものをテラスで飲食するのは「イートイン脱税」?

スタバのテラス席

ネット上では「スタバのテラス席で飲むのはOKなの?」という疑問が多く湧き上がっていました。

 

 

スタバは店舗にもよりますが、お店の中だけではなくお店の外にもテーブルや席が用意されている店舗がたくさんありますね。

言うまでもないですが、それらのテーブルや席はスタバが設置しているものであり、そのスペースはスタバの敷地内です。

屋内か屋外かだけの違いであり、スタバの敷地内であることは確かなのでオープンスペース(テラス席)で飲食することは「イートイン」に当たります。

つまり結論としては、テイクアウトで注文したものをオープンスペース(テラス席)で飲食することは「イートイン脱税」になります。

Sponsored Link

お店の駐車場ならOK?

「駐車場であればOKなのか?」という疑問もネット上で多く見られました。確かに店内でもなければオープンスペース(テラス)でもないため“イートイン感”はほとんどありません。

倫理的に考えれば、テイクアウトで注文して店内やテラス席で堂々と飲食するよりかはまだマシかもしれません。

しかし、駐車場もスタバの「敷地内」であり、限りある駐車スペースの一つを利用して飲食しているわけなので、定義や理屈で考えればイートインと同じになります。

そのため、テイクアウトで注文したものを駐車場で飲食することも「イートイン脱税」だと言えます。

店員さんもそこまで監視の目は届きづらく注意してくることもないと考えられますが、かといって完全セーフではなく倫理的な問題もあるので、控えたほうがよさそうです。

Sponsored Link

ショッピングモール内のベンチならOK?

ショッピングモール内のスタバ

ショッピングモール内にあるスタバで、テイクアウトした商品をモール内のベンチや休憩スペースで飲食するのは「イートイン脱税」にあたるのかという疑問も多く上がっていました。

 

そのモール内のベンチがスタバの目の前だったりすると気が引けますよね(^^;

これについてですが、そのベンチがスタバが用意したものでなければセーフだと考えられます。

ショッピングモールが設置しているベンチであれば、そこはスタバの敷地内ではないため「イートイン脱税」にはならないでしょう。

スタバで買ったもの飲み歩きしながらショッピング…なんてのは普通に行われていることだと思いますし、モール内のベンチで飲食することが「イートイン脱税」に当たるのであれば、それもできなくなってしまいます。

まとめ

「イートイン脱税」の微妙な線引きについて、スタバでの事例を用いて解説してきましたが、結論としては「敷地内であればアウト」ということですね!

あので、スタバの駐車場もオープンスペース(テラス席)も、テイクアウトで注文したものを飲食しないように気を付けましょう!