夢屋まさるが先生として出演した「勝負の夏」とは?生徒との恋の結末は?

今年のおもしろ荘に出演し、「パンケーキ食べたい」のフレーズで2019年ブレイク芸人の筆頭となった夢屋まさるさんが話題です。

現役慶應大学生で芸人を目指す彼は、昨年の夏にAbemaTVの恋愛リアリティ番組である『勝負の夏』に出演しており、その時とおもしろ荘の彼が違いすぎると驚きの声が上がっています。

夢屋さんが出演していた『勝負の夏』とはどんな番組なのか?夢屋先生と恋の結末はどうなったのか?そのあたりについてまとめましたので、是非ご覧ください!

Sponsored Link

恋愛リアリティ番組『勝負の夏』とは?

番組の内容

『勝負の夏』とは、受験勉強に悩む5人の女子高校生がイケメン現役大学生にマンツーマンで勉強を教わる様子を長期にわたって撮影された“恋愛リアリティ番組”です。AbemaTVの名物番組ですね!

この番組のコンセプトは「勉強と恋愛の両方を先生から教わる」ということ。直接教えるのは勉強ですがその過程で芽生え、育まれる恋愛感情とどう向き合っていくかがこの番組の面白いところです。

5人の女子高生と、5人のイケメン先生

夢屋まさる先生が大浦央菜(おおうらひろな)にマンツーマン指導

夢屋まさる先生が勉強を教える生徒となったのは大浦央菜さんでした。

夢屋まさるさんはサンミュージックに所属するお笑い芸人で、大浦央菜さんは元ハロプロ研修生のモデルという芸能人ペアとして注目を集めていました。

今回、夢屋さんが教えた教科は「日本史」でした。江の島の海が一望できるカフェで勉強し、小テストで良い点とるとデザートが食べられるというまるででデートのようなマンツーマン指導でした。

そして鎌倉へ移動し、歴史の勉強には歴史のある場所でということで鎌倉散策をしました。

『学問の神様』がまつられている佐助稲荷神社や、『縁結び』の神様がまつられている葛原岡神社へお参りをし鎌倉で美味しいご飯を食べます。

志望校合格と恋愛成就、この二つをきっちり叶えるよう神様にお願いしてこの日の勉強が終わりました。

Sponsored Link

恋の結末は結末は?

ロケーションも最高でデートのような勉強スタイルは上手くいっているかと思われましたが、意外にも終わりはあっさり迎えました。

その日の夜、なんと大浦央菜さんの方からスタッフへ先生をチェンジしてほしいという要請がありました。

夢屋先生は「まだ一回しか授業やっていないから、もうちょっと勉強しよーって気持ちですね」とショックを隠せない様子。

大浦さんが夢屋さんをチェンジしてほしいと思った理由は、『初対面の時に出来てしまった心の壁を、(自分で)崩そうと頑張ってみたけどできなかったから』だそうです。

“初対面の時に出来た心の壁”って?と思うかもしれません。
実は夢屋先生、大浦さんと初対面の時から距離感が近すぎ、視聴者からも「あれはマズい」といった危惧する声が上がっていたのです。

 

代表的なのはこちらのシーン。

最初大浦さんが夢屋先生を指名した時に「選んでくれてありがとう」と頭をコツンとしました。
壁ドンと同等レベルの胸キュンシーンなのかもしれませんが、初対面でやりますかねといった感じですね…。夢屋さんの度胸はすごいと思いました。

視聴者からも「完全に距離感の取り方を間違えている」といった声や「キモイ」「引いた」というような痛烈なコメントが寄せられる始末…。

何とか結果で挽回できればよかったですが、大浦さんの心の壁を崩すことが出来ず夢屋先生は『離脱』となってしまいました

【了】