吉本興業がチュートリアルの徳井義実さんの芸能活動自粛を発表し、ネットが騒然としています。

後追いで新事実が次々と明かされると世間的にも印象が悪く、さすがに謝罪会見だけでは済まされない状況になってしまいました。

SNSが流行してから、特に最近では芸能人が問題を起こすと「引退しろ!」「引退だけはしないでほしい」などと引退に関する意見が飛び交うようになりました。

宮迫博之さんが闇営業問題であれだけ炎上しても引退には至っていないところを見ると、徳井さんもなんだかんだ引退まではしないのでは?と思ってしまいますが、意外にも引退に追い込まれる可能性は高いと見ます。

Sponsored Link

新事実が後追いで発覚する最悪のパターン

3度にわたり情報が塗り替えられた

一番始めに報じられた内容では「過去5年間に渡って総額1億2000万円もの所得隠しと無申告があった」とありましたが、日ごとに新事実が発覚したり金額が膨れ上がったりしました。

 

過去5年間で1億2000万円の所得隠しと無申告があった(所得隠し2000万円・無申告1億円)
↓↓↓
それより前にも無申告があったことがある疑いが浮上
↓↓↓
過去10年間で「3年分の無申告」を3度ほど繰り返し、直近3年間の無申告額は1億円ではなく1億3800万円だった
↓↓↓
銀行預金差し押さえられ、社会保険にも未加入で、徳井さん個人の所得税もずっと無申告だった

 

最初の報道から3回にわたって新事実が報じられると、「もっといろいろ出てくるんじゃないのか?」と疑いたくもなってしまいます。

Sponsored Link

なぜ全てを話さない?

既に修正申告済みで納税も済ませているからこそ、自分がいつからいくら無申告だったのかは当然把握しているはずだし、銀行預金が差し押さえられていたことや所得税も無申告だったことも知っているはずです。しかし、謝罪会見では報道で明かされた事実に対する弁明と謝罪しかせず、全てをさらけ出すことはしませんでした。

 

今年6月の吉本興業闇営業問題で宮迫さんが少しでも傷を浅く済ませようと「金銭は受け取っていない」と嘘の釈明をし、結局受け取っていたことで余計炎上しましたが、徳井さんも少しでも傷を浅く済ませようとして全てを話さなかったのではないでしょうか?

 

その結果、謝罪会見後にも新事実が次々に明らかになるという最も信用を損ねるという最悪なパターンになったと言えます。

本当に年収4000万円?さすがに低すぎ問題

税務署からは2016年~2018年の3年間で1億1800万円の申告漏れがあったと指摘されていますが、本当に1億1800万円だけだったとするならば徳井さんの年収はおよそ4000万円ということになります。

 

しかし、10本以上のレギュラー番組とMCを務める番組を持ち、舞台で漫才もし、CMやドラマ、映画にも出演している徳井さんの年収が“たった4000万円”というのは、売れっ子芸人にしては少なすぎると感じます。

 

芸人の年収を推定でランク付けする『お笑い所得ランキング』によると徳井さんの年収は推定8400万円で29位。億越えしていてもおかしくはなさそうですが、これを見てもさすがに4000万円はであることは考えにくいことが分かります。

 

この4000万円というのは経費を除いた後の金額なので、実際の売り上げはもう少しあると思われますが、それにしても安いですよね。

 

上述したように、何度も新事実が後追いで発覚し信用を損ねてしまっているため、「実際の収入はもっとあるのに少なく申告している!」と疑われてもおかしくはありません。もし仮にもっと収入があり、それを税務署から指摘されマスコミに報じられでもすれば本当に“芸能界引退”に現実味が増してしまうかもしれません。

Sponsored Link

責任が分散されない

吉本興業の闇営業問題は途轍もなく大きな問題となり該当した芸人全員が大打撃を受けましたが、芸人だけではなく会社にも責任があったり、該当した芸人の数が多かったことから責任は大きく分散されました。そのため既に謹慎が解けて復帰した芸人もいて、宮迫さんも引退は回避しました。

 

しかし、今回の徳井さんのケースだと吉本興業に非があるとは考えづらく、該当者も徳井さん一人なのでその責任を一手に背負うことになります。世間からのバッシングも一極集中し、税金という「お金」の問題となるとそう簡単に許されるとは思えません。

 

そのため、闇営業問題でダメージを受けた芸人よりも徳井さんの方がダメージが大きく、自粛からそのまま引退に至ってしまう可能性も考えられそうです。

もう徳井では笑えない?

徳井さんにとってお客様である世間・視聴者が「笑えない」と感じてしまえば、お笑い芸人としては致命的となります。

納税をひどく怠り、「想像を絶するだらしなさ」を打ち明けた芸人のギャグは、どんなに面白くても笑いは半減します。そうなればスポンサーからも煙たがれ、テレビには出演しづらくなります。

陣内智則さんが浮気による離婚を今ではネタにしているように、時が経てば笑いに変えられるかもしれませんが、いつになるかは分かりません。

そして何より、徳井さんの心が耐え切れなくなってしまえば引退を決意してしまうかもしれません。

Sponsored Link