2020年秋から始まる朝ドラのヒロインが杉咲花さん(22)に決定しました!ネット上では喜びの声とともに来秋への期待が高まっています。

 

朝ドラのヒロインが決まると必ず気になるのは、相手役の男性俳優ですね。今年前期に放送された「なつぞら」では吉沢亮さんがヒロイン役を演じた広瀬すずさんの相手役となりました。

 

横浜流星、志尊淳、菅田将暉…それとも初のジャニーズからの選出となるのか?候補を挙げてみました!

Sponsored Link

歴代“相手役”から見る、選ばれる俳優の傾向

過去5年間・10作品で“相手役”に選ばれた俳優は佐藤健さん、松坂桃李さん、坂口健太郎さんなど若手である傾向が強いのとともに、かなりのイケメン俳優が起用されています。

 

もちろん作品や役柄によって人選を考えており、昨年の「まんぷく」の相手役は長谷川博己さんでした。なので若手でイケメンでノリに乗っている俳優さんというのはあくまでも“傾向”です。

 

ちなみに、2020年秋から始まる朝ドラ「おちょやん」で杉咲花さんのお相手役を演じるのは、役的に杉咲さんと同年代か少し上の俳優さんが選ばれる可能性が高いと見ています。

Sponsored Link

相手役の候補となるのはこの5人!?

横浜流星

今年23歳となった横浜流星さんは、今年ブレイクした若手イケメン俳優の一人です。極真空手で世界大会優勝した経験があり、現在は俳優・モデル・歌手と幅広く活動しています。

 

2012年に「仮面ライダーフォーゼ」に出演を果たし、それ以降は「あなたの番です -反撃編-」や「4分間のマリーゴールド」などに出演。映画では「愛唄 -約束のナクヒト-」「チア男子!!」「いなくなれ、群青」に出演しています。

仲野太賀

昨年から今年にかけてブレイクし、人気度が急上昇している実力は俳優の仲野太賀さん。最近、太賀から仲野太賀に名義を変えて活動しています。

 

現在26歳で杉咲花さんよりかは少しだけ年上。作品の中でもヒロイン(浪花千栄子)よりお相手役(二代目渋谷天外)の方が少しだけ年上なので年齢的には丁度いいのではないでしょうか。

Sponsored Link

中川大志

中川大志さんは今年、日本アカデミー賞新人俳優賞を獲得した実力派俳優です。朝ドラは過去に「おひさま」「なつぞら」に出演した経験があり、大河ドラマも「江〜姫たちの戦国〜」「平清盛」「真田丸」の3作品に出演経験があるため、NHKの出演作は多いことが分かります。

志尊淳

志尊淳さんは現在24歳のイケメン俳優ですが、ワタナベエンターテインメントスクールの養成所を1年で卒業のところをわずか3ヶ月で卒業し、昨年トランスジェンダーの役で文化庁芸術祭賞の放送個人賞を受賞するなど演技の実力はかなりのもの。

朝ドラは「半分、青い」に出演経験もあり、今回「おちょやん」の相手役にも期待が高まる俳優の一人です。

菅田将暉

菅田将暉さんは言わずと知れた若手の名俳優。朝ドラは「べっぴんさん」「まんぷく」に出演経験があり、満を持して“お相手役”に抜擢されるのではないか?という期待の声が高まっています。

 

菅田さん本人は「まんぷく」の演技が第27回橋田賞や第56回ギャラクシー賞に選ばれなかったため、「『まんぷく』やっぱあかんかったのかな俺…」とラジオでコメントしたこともありました。

Sponsored Link

ジャニーズから…?

そして、年々期待が高まるのはジャニーズメンバーからの“お相手役”の選出過去にまだ一度もありませんが、アイドルの演技力も評価され始めており「そろそろじゃないか?」と言われております。

では、ジャニーズから選出されるとすれば誰になるでしょうか?

重岡大樹

ジャニーズの中で最も“相手役”への期待が高かったアイドルは、ジャニーズWESTの重岡大毅さんでした。

現在27歳で演技力の評価も高く、出演作は「節約ロック」「ストロベリーナイト・サーガ 」や「これは経費で落ちません!」など多数あります。

 

20代で杉咲花さんのお相手役に最も適したジャニーズアイドルは重岡大毅で間違いなさそうですね!

Sponsored Link