清野とおるの素顔写真を公開!マスクの理由は「口は恥部」だから?

11月22日に壇蜜さんと結婚を発表した漫画家の清野とおるさんが話題になってます!

清野さんは、常にマスクしているため素顔が分からないことで有名な漫画家さんです。

そこで今回は、清野さんがマスクをしていない超貴重な素顔の写真と、常にマスクをしている理由である「トゥレット障害」について書いていきます!

Sponsored Link

清野とおるの簡単プロフィール!

まずは漫画家・清野とおるさんの簡単なプロフィールからです!

 

 

本名:清野通

出身地:東京都板橋区志村(北区赤羽在住)

年齢:39歳

生年月日:1980年3月24日

職業:漫画家、エッセイスト

活動期間:1998年~

 

「清野とおるさんといえば“赤羽”」と言えるほど“赤羽”のイメージが強い漫画家さんですが、出身は板橋区の志村ねんですね!志村と赤羽は直線距離で2㎞くらいなのでとても近いですよ!

 

代表作は『青春ヒヒヒ』『東京北区赤羽』『ハラハラドキドキ』で、赤羽を舞台とした作品はいくつかあります。

 

保育園時代が園児を縄で縛ったり裸で立たせたりする“地獄保育園”だったことや、高校時代に“ヨーグルト教”を立ち上げたこと、赤羽駅で轢死体を目撃したことがあるなどぶっ飛んだエピソードが多いのも清野さんの特徴です。

Sponsored Link

メディアに出る時は必ずマスク (写真)

清野とおるさんといえば、赤羽の次に“マスク”が思い浮かぶほど、いついかなる時もマスクをしています。

 

取材の時はもちろん

出典:東洋経済ONLINE

 

対談の時も…

出典:ヤフーライフマガジン

 

テレビ収録で、しかもグルメのロケでもお構いなく…

 

清野作品のファンでさえ、清野さんのマスクを外した“素顔”を見たことがない人は多いようです。なぜそこまで頑なにマスクを着用するのでしょうか?

Sponsored Link

常にマスクの理由は、学生時代のエピソードに

清野とおるさんは『アウトデラックス』で常にマスクしている理由を語っていました!

口は“恥部”

どうやら、清野さんは「口は“恥部”」と感じているようですね。。

 

 

何かよほどのコンプレックスがない限りは口を“恥部”だと思う人は少ないと思います。ましてやファンが「素顔を見たことない」と言うほど頑なにマスクを外さないのは、何かわけがあるはずです。

学生時代のエピソード

清野とおるさんが「口は“恥部”」と感じるようになったエピソードは学生時代にあります。

それは、授業中に先生の話で笑った生徒が、少しずつ普通の顔に戻っていく過程を見たときに「ダセェな」「さらしてるなぁ」と感じたことです。

 

 

それ以降、清野さんも「笑ってから普通の口に戻るまでの過程を見られたくない」という強い思いを抱くことになったのです。

 

正直なところ私には理解が出来なかったのですが、風邪ひいてるわけでもないのにマスクしている人はめちゃくちゃ多いので、もしかしたら「分かる!」と共感できる人は多いのかも…?

Sponsored Link

【貴重】マスクなしの“素顔”の写真

そんなマスクで素顔を見せない清瀬とおるさんですが、たった1枚だけ素顔の写真がネットで出回っているのです!

それがこちらの写真です!

 

 

右に写るのは林家ペーさんですね!実はこの写真、清野さんが公開したものではなく林家ペーさんがブログで載せた写真です。

 

「笑ってから普通の口に戻るまでの過程を見られたくない」のであれば、はじめっから真顔の写真はOKということでしょうか。

 

ただ本人としてはメディアに出るときは、動画でも写真でも必ずマスクしているため林家ペーさんにブログで晒されるのは予想外の事態だったかもしれません。笑

Sponsored Link

マスクでも清野とおるはイケメン?

清野さんのファンとしては半分素顔が隠れていることで想像力が働き、何割増しにもイケメンに見えるという声が少なくないようです。

たしかに、ファッションや髪型はオシャレなので雰囲気がイケメンの人のソレです!

 

 

 

以上です!また結婚式や妊娠などの新たな情報が入り次第更新していきますね!