鈴木誠也の2020年棒を予想!過去の推移と昨シーズン成績から算出!

畠山愛理さんと結婚を発表した広島カープの鈴木誠也選手(25)。

鈴木誠也選手は2019年(昨シーズン)、広島でも日本代表でも不動の「4番」としてチームを勝利に導いてきました。

急成長中の若き主砲の2019年の年棒は1億6000万円でしたが、過去の年棒推移と昨シーズンの成績から2020年の年棒が上がることは間違いありません。

鈴木誠也選手の2020年の年棒はいくらになるのでしょうか?予想してみました!

Sponsored Link

鈴木誠也の2019年シーズンの成績

鈴木誠也の簡単プロフィール

出身地:東京都荒川区
年齢:25歳
生年月日:1994年8月18日
身長:181㎝
プロ入り:2012年~

鈴木誠也選手の2019年の成績は28本塁打。87打点。打率は驚異の.335(日本人1位)出塁率も日本選手最高の.453。長打率は日本人2位の.565。塁打数も日本人6位の282本。安打数は日本人6位の167本。

打率と出塁率で2冠を達成し、「鈴木誠也が打席に立てばほぼ塁に出る」というレベルの数字をたたき出しました。

そして、日本の有名選手である坂本勇人選手や山田哲人選手と同等かそれ以上のバッティング成績を収めた飛躍の年になりました!

Sponsored Link

鈴木誠也の2020年の年棒は2億~3億円?(予想)

そんな2019年に大活躍した鈴木誠也選手の来シーズン(2020年)の年棒は2億円を超えると予想されます!

昨シーズンの成績は文句なく、2億円超え、あるいは3億円近くまでいく可能性があります。ここからは鈴木誠也選手の過去の「年棒推移」や「他の有名選手の年棒」を見ながら説明していきます!

Sponsored Link

鈴木誠也の過去の年棒推移

2012年に広島カープに入団し、2013年に初出場した鈴木誠也選手。

成績と、それに伴う年棒の推移を表に表してみました!

年棒 本塁打数 安打数 打率 出塁率 打点
2013年(19歳) 600万円 0 1 .083 .214 1
2014年(20歳) 650万円 1 22 .344 .382 7
2015年(21歳) 900万円 5 58 .275 .329 25
2016年(22歳) 1700万円 29 156 .335 .404 95
2017年(23歳) 6000万円 26 131 .300 .389 90
2018年(24歳) 9000万円 30 135 .320 .438 94
2019年(25歳) 1億6000万円 28 167 .335 .453 87

20歳を超えてから打率が3割を安定して超えているのが凄いですが、2015年シーズンで「29本塁打」「打率3割3分5厘」「出塁率4割超え」「打点90超え」という22歳という若さでは極めて優秀な数字をたたき出しました。

その年に年棒は1700万円→6000万円にアップ。

そして2018年には30本塁打を達成したほかキャリア最高の成績を収めた年でした。すると年棒は9000万円→1億6000万円に大幅アップ。初の1億円超えを達成しました。

そして昨シーズン(2019年)は本塁打は30本にわずかに届かなかったものの、総合的にはまたキャリアの最高成績を更新する活躍をしました。

さらにプレミア12で日本代表の4番打者としてチームを優勝に導いく圧倒的な活躍をしていましたね!もしかして、前年を圧倒的に上回る年棒(3億円超え…?)になる可能性もあるかもしれませんね!

Sponsored Link

有名選手の主な年棒

広島カープの選手

鈴木誠也選手が所属する広島カープの選手で、有名な選手の年棒はいくらくらいなのでしょうか?

ジョンソン(35) 3憶2700万円
長野久義(35) 2億2000万円
菊池涼介(29) 2億4000万円
田中広輔(30) 1億8000万円

現在所属する選手ではジョンソン投手が最高の3億2000万円ですが、投手なのであまり比較対象にはなりません。

野手ではベテランの長野選手と、守備の名手菊池選手が2億円台前半です。

ぶっちゃけメジャーリーグや海外サッカーに比べると報酬金が低すぎると言われているNPBなので、あまり年棒に差が出ないようです。

ベテラン選手や広島で活躍されている先輩が2億円台前半なので、2億5000万円を上回るのは難しいかもしれませんね。

他球団の有名選手

他の球団の有名な選手の年棒はどのくらいなのでしょうか?参考までにご覧ください!

坂本勇人(30) 3億5000万円
山田哲人(27) 4億3000万円
柳田悠岐(31) 5億8000万円
筒香嘉智(28) 4億円
丸 佳浩(30) 2億1000万円

野球に詳しくないような人でも名前くらいは聞いたことありそうな有名選手です。皆バッティングに関しては日本トップレベルですが、共通しているのは数年間安定した好成績を収めていること。

鈴木誠也選手はこの5人に負けない成績と打撃力がありますが、あと2~3年は今の成績を維持しなければ4億・5億を超えるのは難しいかもしれませんね。

ちなみに現在の日本のプロ野球で最も年棒が高いのは巨人の菅野智之投手6億5000万円です!

Sponsored Link

将来は5億円プレイヤーorメジャーリーガーに!?

2019年は輝かしい活躍と成績を収めた鈴木誠也選手。このまま成績を更新し続けていけば3億円・4億円は間違いなく到達するでしょう。

そして野手では坂本勇人選手や柳田悠岐選手、浅村栄斗選手が到達した5億円も3年後くらいには到達するかもしれません。それかメジャーリーグに挑戦して日本では得られない高額年棒を得る可能性もありますね!

ここまで鈴木誠也選手の年棒の推移や予想をしていきましたが、いかがでしたでしょうか?

結論、鈴木誠也選手の2020年の年棒は2億円以上3億円未満と予想させていただきます!

また新たな情報がありましたら更新していきます~

【追記】鈴木誠也の年棒は2億8千万円!

12月18日、鈴木誠也選手の2020年の年棒が正式に決まりました!

2019年(昨シーズン)より1億2000万円上乗せの2億8000万円!!!

2億円は確実に超えるだろうな~とは思っていたものの、3億円近くまで行きましたね。5億円プレーヤーまでまた一歩近づきました!