キングヌー井口と新井のアパートはどこ?板橋区の築50年コーポが判明!?

『白日』が売れ紅白歌合戦への出場が決まったKingGnu(キングヌー)

ボーカルの井口理さんとベースの新井和輝さんが共同生活していることは有名ですが、先日記念すべき初・文春砲を食らいましたね!

その記事の内容に、2人が共同生活しているアパート(コーポ)に関するものもありヒントがたくさんあったため推測してみました!

Sponsored Link

文春によるアパート(コーポ)の情報

キングヌー井口と新井の文春写真

「井口と新井は東京郊外にある家賃7万円代のコーポでつましい共同生活を送っている。」

「ここは築数十年で、古い建物だから、お年寄りが多いんだけど、(井口と新井の2人は)数年前から住んでいてイマドキの若者には珍しく挨拶をしてくれる。」

ライブを終えた井口は、会場に来ていた女性と板橋区内の焼肉店にタクシーで来店。2人は駅前のロータリーでタクシーに乗り込むと共同生活を送るコーポへと帰っていった。

一方の新井は11月26日の深夜、井口と共に帰宅。部屋に待たせていた彼女を連れ、自転車を2人乗りして大通りを走ること10分。向かった先は庶民的なハンバーグレストラン・びっくりドンキーだった。

引用:文春オンライン

文春オンラインに記載されていた、井口理さん・新井和輝さんが共同生活しているアパート(コーポ)の情報をまとめると以下の感じになります!

  • 家賃7万円台
  • 築数十年(別情報によると築50年)
  • 板橋区内
  • 最寄り駅(?)はロータリーのある大きめの駅
  • コーポから自転車で10分ほどの場所にびっくりドンキーがある

そして、そのアパート(コーポ)の5階が2人が暮らす部屋だそうです。(別の情報)

ときわ台駅から徒歩10~20分くらいの場所?

まず、板橋区内にロータリーのある駅は「板橋駅(JR)」と「ときわ台駅(東武東上線)」の2つの駅だけです。

そして、びっくりドンキーは板橋区内に1店舗しかない為、「ときわ台駅」の近くということになります。

キングヌー井口と新井の自宅コーポの場所

大体青色の丸を囲ったあたりくらいに、井口理&新井和輝のアパート(コーポ)がある可能性が高いと言えそうですね。

大体この辺にある「家賃7万円台」で「築50年」で「5階建て以上」の「コーポ」を探してみました!

Sponsored Link

井口理&新井和輝のコーポの候補!

そして、該当するコーポは3件見つかり、もしかしたらこの中のコーポに井口理&新井和輝が暮らしているコーポがあるかもしれません。

中板橋ローヤルコーポ

築50年で5階建てのコーポです。

キングヌー井口のコーポ

家賃は5階で8万円前後となっている為、ギリギリ7万円台かもしれませんね。

ときわ台駅からは徒歩で10分くらいの距離があるでため、井口さんがタクシー使っていたことも納得できます。また、びっくりドンキーまで自転車で10くらいの距離なので、もうここの可能性が高いんじゃないか?と思えてきます。

三田常盤台第三コーポ

こちらも築50年で5階建てのコーポです。

キングヌー井口の自宅アパート

家賃は不明ですが、共益費が8,000円であるため7~8万円くらいだと推測できます。

びっくりドンキーまでは自転車で10分弱ほど。ときわ台駅までは徒歩6~7分ほどでギリタクシー圏内と言えそうです。

Sponsored Link

ときわ台ローヤルコーポ

築49年で6階建てのコーポです。

キングヌー新井のコーポキングヌー新井の自宅アパート

現在の家賃は5階建てだと8万円を超えますが、井口理&新井和輝は数年前から住んでるそうなのでその時は7万円台だった可能性は十分にあります。

もうじき築50年になるとは思えない程綺麗な外観ですよね!

びっくりドンキーまでは自転車で10分ほどの距離ですが、ときわ台駅からは3~4分の距離なので正直タクシーを使う距離ではありません。

焼肉食べてお酒も結構飲んでいたのならタクシー使ったのも納得ですが。。