徳勝龍の恩師は近畿大の伊東監督|教え子や指導実績が凄い!

20年ぶりの幕尻優勝を果たした徳勝龍が話題になっていますね!

幕尻とは番付が一番低い力士のことで、大関・高景勝を下す「下克上優勝」と取組後の号泣シーンにもらい泣きする人が続出したようです。

START LINE
おすすめの記事
徳勝龍にもらい泣き!【動画】高景勝に取組後の号泣シーンが感動的!
http://sandora1809.com/archives/6357
幕尻力士の徳勝龍が大相撲初場所で初優勝しました!幕尻力士とは番付で一番下の力士のことですが、なんと大関の高景勝を倒して下克上優勝を果たしたのです!これは20年前の2000年に優勝した貴闘力以来の快挙ですが、優勝が決まった瞬間の号泣シーンがもう感動的過ぎ...

取組直後の号泣シーンだけではなく、インタビューで亡き恩師へ捧げた言葉も泣けると話題になっているんです。

今回は徳勝龍の亡き恩師である近畿大学の伊東勝人監督について調べてみました!

徳勝龍のインタビューが泣ける!

まずはものすごく感動的な徳勝龍の勝利後インタビューです!

恩師・伊藤監督が土俵で一緒に戦ってくれている気がして、弱気になる度に監督の顔が思い浮かぶと話しています。

恩師・近畿大の伊藤監督とは?

伊藤勝人監督の簡単プロフィール

伊東勝人(いとう かつひと)
年齢:55歳(2020年1月18日没)
出身:青森県
青森県立五所川原商業高校 → 近畿大学 → 近畿大学相撲部の監督

近畿大の元監督・伊藤勝人さんはプロとしての相撲経験はありませんが、体格が小さい小兵(こひょう)力士ながら平成3年に全日本相撲選手権を優勝し、第40代アマチュア横綱になったという実績があります。

これが平成3年のアマチュア全日本の決勝戦の動画です!

教え子が凄い!

伊藤勝人監督の教え子である徳勝龍が今回幕尻からの優勝を果たしましたが、他にも現在活躍している教え子がいます!

新関脇・朝乃山

2020年初場所から新しく「関脇」となった朝乃山も伊東監督の教え子です!

朝乃山は現在25歳で、初土俵は2016年3月です。

平幕・宝富士

現在、前頭6枚目の宝富士 大輔も伊東監督の教え子です!

宝富士は1987年2月生まれで、もうじき33歳になります。最高で関脇まで上り詰めている実力のある力士です!

まとめ

朝乃山、宝富士に加えて徳勝龍までもが伊東監督の教え子で現在活躍されているというところで、伊東監督の指導者としての実力が伺えますね!

今月18日にお亡くなりになりましたが、今後も徳勝龍や教え子力士の強い味方となって活躍を後押ししてくれると思います!