ヒカルは反社より危険!?詐欺容疑とセクハラで文春砲食らい炎上!

人気YouTuberのヒカルさんが、29日にチャンネル開設をした宮迫博之さんとコラボしてお笑い系の動画を配信していくというニュースが報じられました!

もう既に撮影が済んでいる状態ですが、ネット上では宮迫博之さんに批判が殺到しています。

その理由はヒカルさんが実は反社よりも危険な存在だという主張で、「反社絡みで干されたのになぜヒカルとコラボするんだ!」ということです。

人気YouTuberのヒカルさんはなぜ「反社よりもヤバい」と言われてしまっているのでしょうか?

ヒカルは反社よりもヤバい?

宮迫博之さんの復帰がテレビではなく、ひとまずYouTubeだということで非常に注目が高まっていますが、気になるのはヒカルさんとのコラボだということ。

ネット上では。。

3つほどピックアップしましたが、こんな感じのツイートであふれていました。

「ヒカルは反社みたいなもの」と同類と指摘するツイートや、「ヒカルは反社」と断言するものまで。また「詐欺師」というツイートも非常に多いようです。

ヒカル、2度の文春砲で大炎上

ヒカルさんに対しての好き嫌いもありますが、ヒカルさんが危険なダークサイドの人間だというイメージを持つ人も非常に多いようです。

なぜそのようなイメージが一部の人たちに定着してしまっているのでしょうか?理由はこ以下の2つにあると考えられます!

詐欺!?2017年8月の『VALU騒動』

ヒカルさんの反社イメージを最も植え付けてしまっている原因となっているのが、2017年8月に起きた『VALU騒動』です。これは文春でも報じられました。

「VALU」とは、簡単に言うと個人の「信用」をお金に換える仮想通貨です。

もう少しちゃんと説明すると。。

個人が株式会社のようにVAとよばれる擬似株式を発行することができ、売りに出されたVAは自由に売買することができる。取引は全てビットコインを用いて行われる。

例えば、Aさんが10万円分のVAを発行しBさんがそれを購入すると、BさんからAさんに10万円分の仮想通貨(ビットコイン)が入るということです。

ヒカルさんは2017年8月にVALUで上場し、買い注文が殺到するようTwitterで扇動しました。しかしこの直後事件が起こります。

ヒカル氏らが突然、何の告知もなく所持していた全VAを自ら売りに出し、それまで高騰していたVAは暴落。ラファエル氏、いっくん氏もほぼ同時期に全VAを放出し、結局、ごく初期にVAを買っていた一部の人を除けば、株主(VALU保有者)のほとんどが大打撃を受ける形になりました。またこの高騰→売却の流れで、ヒカル氏らは数千万円単位の利益を得たとも言われています。

引用:ねとらぼ

ヒカルが煽る→買い注文が殺到する→ヒカルのVAの価値が高騰する→ヒカルが全VAを売却→ヒカルのVAが暴落→買った人が大損失

という感じです!

これについて、「インサイダー取引」「詐欺行為」が多くの人から指摘されましたが、日本では仮想通貨の法整備が進んでいないためインサイダー取引や詐欺行為とは認められず、法的措置が取られることはありませんでした。

しかし、VALUの運営から損失を被った人への損害賠償・損失補填の勧告をされ、ヒカルさんは売り出した全ての自社株を最高値で買い戻しました。

  • 法律違反はしていない
  • 損失をした人への補填・謝罪はきっちりしている

このことから「詐欺師」でも「犯罪者」でもないのですが、人間の感情として『人を貶めて金儲けをした』ヒカルさんへの批判の意味を込めてそう言われているのだと思います!

2019年1月のネットセクハラ事件

また、2019年1月にヒカルさんは女性関係で2度目の文春砲を食らいます。

内容は、チェキ会(有名人と2ショット写真を撮ることが出来る会)で出会ったファンに、TwitterのDMで

  • 「お前は奴隷だ」
  • 「調教しておねだりしてみろ」
  • 「エッチな写真を送れ」

など女性の立場を貶めた上に、卑猥な写真を送るよう強要したとして問題となったのです。

どうやら、このやり取りしたこと自体は事実だそうです。しかし!

後にヒカルさんとこのやり取りをした女性がYouTuber・コレコレさんのYouTube動画に登場し、この『ネットセクハラ事件』の真相が明らかになりました。

その女性はヒカルさんと肉体関係を持ったことを告白し、さらにTwitterのDMに関しては自身もノリノリだったそうなんです!

文春の記事では女性側のメッセージはモザイクで隠され、ヒカルさんが一方的に不適切なメッセージを送ったみたいになっていますが、女性側もノリノリで喜んでいたんですね!

女性側が文春に“売った”とも考えられますが、それだと後にコレコレチャンネルに登場して真相を語る意味が分かりませんよね。。

まあ、ヒカルさんが送ったメッセージがヤバいことには変わりないのかもしれませんが、相手の女性も喜んでいたのでセクハラとは言えない気がします。

結論・ヒカルは反社よりヤバ…

2度の文春砲の内容を踏まえ、ヒカルさんが反社よりもヤバいかどうかで言うと…

全然ヤバくも危険でもないという結論に至りました!

性格がぶっ飛んでいるとか、金儲けに目がくらんでしまった瞬間があったかもしれませんが、かといって反社会勢力の人間というわけでもありませんし、法律上詐欺行為と認められたわけでもありません。

VALU騒動に関しては被害者への損失補填と謝罪も済ませています。

「詐欺師だ!」「反社だ!」と言っている方は、おそらく感情的にそう言っているだけか、「知らない」だけだと考えられます。

結論はこんな感じで、宮迫博之さんとのコラボ動画が楽しみですね!^^