染谷将太と嫁・菊地凛子の馴れ初めが凄い!出会ったきっかけの共演作は?

大河ドラマ『麒麟がくる』で織田信長の役を務めている染谷将太さん。

2015年1月、当時22歳の時に女優の菊地凛子さんと結婚しました。

菊地凛子さんは染谷将太さんの11個年上で、年下男性×年上女性という珍しい「年の差婚」ですが、出会いや馴れ初めはどんな感じだったのでしょうか?

染谷将太と菊地凛子さんの馴れ初め

染谷将太さんは1992年9月生まれ(27歳)で、菊地凛子さんは1981年1月生まれ(39歳)。

11歳の年の差がある染谷将太さんと菊地凛子さんが出会ったのは、2014年初め頃。

共演作を通じて出会い、収録が進むにつれて仲良くなるというのが俳優・女優でよくある恋愛ですが、染谷将太さんと菊地凛子さんは共演作がありません。

染谷将太さんと菊地凛子さんは共通の友人を通じて知り合いましたが、染谷将太さんはすぐに直感で「この人と家族になれる」と悟ったのだとか。

後に出演した『しゃべくり007』で、染谷将太さんは「結婚願望はなかった」と語っていましたが、それをひっくり返すくらいの魅力が菊地凛子さんにあり、相性も良かったのかもしれませんね。

富士そば前で濃厚キスがスクープされる

2014年初め頃に出会いましたが、熱愛がスクープされたのは同年11月です。

週刊誌が染谷将太さんと菊地凛子さんの“路チュー”をスクープしました。

染谷が監督を務めた作品を出品した仙台短篇映画祭に2人で訪れ、日帰りで帰京後、路上で何度もキスした後、同棲中のマンションに帰ったとしている。

引用:サンスポ

15分ほどして下車し、再び通りを歩き始めると、菊地はたまりかねたように染谷に抱きつきキス、キス、キス。

菊地は染谷の顔を自分の顔に寄せてキス。5歩も歩けば、今度は染谷のほうから菊地にブチュー。

そしてしばらく歩いたところにあるチェーン店の『名代富士そば』の前で立ち止まった。券売機を見ながら相談しているふたり。すると、再びキスを始めた。染谷の首に抱きつくように菊地が手を回すと、染谷が彼女を抱き寄せ、とうとうベロチュー。通行人も赤面の発情ぶりだった。

引用:NEWSポストセブン

軽いキスならまだしも、濃厚なキスを大手チェーン店の前で人目を気にせずするのは凄いですね…。二人だけの世界に入り込み、よっぽど周りが見えていなかったのでしょうか。

2015年1月、染谷と菊地が結婚

具体的な交際期間は分かりませんが、出会ってからおよそ1年後の2015年1月に結婚しました。

突然のご報告になりますが、この度、私染谷将太は菊地凛子さんと入籍したことをここにご報告させていただきます。

これからは家族としてお互いを支え合いながら強い信念を持ち作品を残していきたいと思います。

そして周りの方々も幸せにできるような家庭を2人で築き上げていきたいと思います。

これからも変わらず暖かく見守っていただけると幸いです。

平成27年1月1日 染谷将太 菊地凛子

菊地凛子さんがとても明るい方だそうで、結婚生活もとても明るくて楽しいのだとか。

2016年10月に第1子が誕生し、2019年3月には第2子が誕生しました。

27歳にして2児のパパで大河ドラマもこなすやり手の染谷将太さん。これからの活躍にもさらなる期待がかかりますね!