橋本環奈マネージャー・和智茉璃奈の経歴|タレントで社長だった!?

橋本環奈さんのマネージャーが話題になっています。

かねてより同居している女性マネージャーがいることを番組で明かしていましたが、最近になってスポットライトを当てられるように。

気になって調べてみたところ、もの凄い経歴を持っていることが明らかになりました!

橋本環奈のマネージャーは和智茉璃奈

橋本環奈さんのマネージャー・和智茉璃奈さんは1986年生まれの34歳。出身は東京都。

「美しすぎる男子高校生」「美少女みたいな美少年」と言われる井手上漠さんのマネージャーも同時に努める敏腕マネージャーです。

井手上漠
井手上漠

橋本環奈さんがディスカバリーネクスト(所属事務所)と業務提携した2014年に、和智茉璃奈さんがマネージャーに就任しました。

なんとそれまで、和智さんもディスカバリーネクストのタレントで、モデル活動をしていたそうです。

短大を卒業後に大手ランジェリーメーカーに就職。販売員として働きながらタレント仕事もこなしていました。

100人中唯一の「下着のおしゃP」

「おしゃP」は「洋服やライフスタイルがおしゃれなプロデューサー」のことで、光文社のファッション雑誌『JJ』が作り出したインフルエンサーです。

「おしゃP」には一般人のモデルが起用され、全員で100人ほどいましたが、和智茉璃奈さんは唯一の「下着のおしゃP」でした。

ラジオ番組『リッスン?』とコラボして作ったレースツイストモールドという作品が完売し、のちに自分のブランド『Mysterious Marguerite』を立ち上げることになりました。

伝説の販売員時代|店長で売上300%

短大を卒業後、20歳で就職した大手ランジェリーメーカーでは、下着の販売員として働いていました。

横浜ポルタ、ららぽーと横浜、青葉台東急スクエア。あとはいろんなところへ呼ばれて行った。

「楽しかったですよ。もともと女系家族で女子校育ちだし、女性だけでわいわいやっている空間が好きなんです。もちろん、下着を売ることの楽しさもありました。お客様と話をして、フィッティングすると、たいていサイズアップされますからね。本人は長年Aカップだと思い込んで着けておられて、実際に計ったらFカップだった人もいました。その人はびっくりし過ぎて買わずに帰ってしまわれましたが」

インティメイト・アドバイザーという資格もある。もちろん、和智さんはそれを取得した。

就職したその年に店長へ昇格。前年比の売上を300%伸ばした伝説のカリスマフィッターとして有名です。

最終的に、その大手ランジェリーメーカーには5年務めたそうです。

株式会社WMの代表取締役社長

下着のおしゃPの時にラジオ番組『リッスン?』とコラボして発売した『レースツイストモールド』が完売し、自ら『Mysterious Marguerite』というブランドを立ち上げることに。

その時に株式会社WM(ダブルエム)を設立し代表取締役社長に就任。Mysterious Margueriteの2つのMをとって名付けました。

販売員時代から、店頭にいない時でも消費者の行動に注目していたそうです。

「町中を回って、最近の若い子のファッションを見て、こんな服にはこんな下着がいいなあとか、アクセサリー屋さんでパーツを見て、こういうのをつけたら可愛いんじゃないかと思ったり」

和智茉璃奈さんがプロデュースする『Mysterious Marguerite』の下着は、現在通販限定で購入できます。

橋本環奈さん・井手上漠さんのマネージャーを務める傍ら、こっちの仕事もしているみたいですね!

橋本環奈との同居生活

タレント事務所に所属し、「下着のおしゃP」というモデルの仕事をしていましたが、表に出て活動することが苦手なんだと自分で気づくようになったそう。

そんな時に橋本環奈さんが事務所に入り、和智茉璃奈さんにマネージャーの声がかかったそうです。

和智さんは「はい!」と即答。当時高校生になったばかり橋本環奈さんをサポートする“裏側”に回りました。

2015年に橋本環奈さんが主演した映画『セーラー服と機関銃』の撮影をきっかけに、二人の同居生活が始まりました。

和智さんはそれまで料理はできませんでしたが、料理教室に通ったりして練習したそうです。

2人の同居生活は橋本環奈さんが20歳になった2018年まで続きました。