坂上忍バイキング降板も近い?理由は豊田真由子への態度による視聴率低下?

坂上忍さんが司会を務める昼の情報番組『バイキング』。

歯に衣着せぬ物言いでニュースを切っていくスタイルが好評で、かつては1%台まで下がった視聴率を7%までV字回復させたこともありました。

しかし最近、「歯に衣着せぬ物言い」が仇となり、視聴者の反感を買って炎上することが多々ある様子。

視聴者離れも加速している様子ですが、坂上忍さんのバイキング降板の可能性もあるのでしょうか?

豊田真由子への高圧的な態度で炎上!

「このハゲーーー!!!!!」「ちーがーうーだーろー!ちがうだろっ!!!」などの秘書に対する暴言で門d内となった豊田真由子氏。

豊田氏は2020年3月9日にバイキングに突如出演し、4月9日現在まで4度出演しました。

過去の問題を深く反省しているのか、謙虚で穏やかな姿勢が反響を呼び人気が急上昇しています。

ところが、そんな豊田氏に対して司会の坂上忍さんが高圧的な態度を取り、困惑するシーンが何度もありました。

まず、バイキングの冒頭で「ハゲを用意した」という趣旨の発言で笑いを誘っています。このあたりの“感覚”はグレーで、お笑いとして違和感を感じない人もいれば、不快に感じる人も少なからずいそう。

それだけではなく、坂上忍さんの“イジメ”みたいな豊田さん攻撃は続きます。

  • 「だったらどうすればいいの?」
  • 「あなたの言っていることに答えがない!」
  • 「なんかハッキリしないな~!次!○○さんどう思います?」

坂上さん、豊田さんと何かあったの?嫌いなの?と言いたくなるような高圧的な態度。

これに対し、視聴者は不快感をおぼえ、坂上忍さんへのバッシングが相次ぎました。

豊田真由子さんの好感度が急上昇しているだけに、余計坂上忍さんが悪者みたいに移ってしまっている様子。

しかし、誰もが疑問視せざるを得ないくらいに、坂上さんはヒートアップしすぎていました。

バイキング降板したメンバーは30人以上!?

坂上忍さんがバイキング全曜日の司会を務めるようになったのは2015年3月

坂上さん就任から最初の2年間で降板したメンバーは31人いるといわれており、2020年現在はもっと多くのメンバーがバイキングを降板しています。

『バイキング』の降板者は突出して多い。その理由について、複数の番組関係者がこう語るのだ。

原因の1つはメインMCの坂上忍さんだといわれています。彼の尊大さについていけなくなり、番組を降りてしまうというんです。出演者だけじゃありません。多くのスタッフも悲鳴を上げています。なんとかして、と…」

そのほとんどが、坂上忍さんの“暴君っぷり”が原因だといわれています。

  • 雨上がり決死隊
  • 小藪一豊
  • IKKO
  • YOU
  • TAKAHIRO
  • NAOTO
  • 関口メンディー
  • ハマカーン
  • 川栄李奈
  • ケンドーコバヤシ
  • サンドウィッチマン
  • 鈴木奈々
  • ウーマンラッシュアワー
  • 森泉

ザっと上げただけでも、これだけいます。

特に、小藪一豊さんは別のバラエティ番組で「反対意見を少しでも言うとMCにすごいイヤな顔をされる」「MCに睨まれて、心折れてきますよ」と発言。

番組名やMCの名前は伏せていたものの、多くの人がバイキングでの坂上忍さんを想像しました。

視聴率低下?“バイキング離れ”が加速

「歯に衣着せぬ物言い」が坂上忍さんのウリで、時にはズバッと切り込んで視聴者に快感を与えてくれます。

事実、坂上忍さんが司会になってからバイキングは高視聴率の情報番組となりました。

しかし、メンバーをコテンパンに叩きのめす場面や、ヒートアップしすぎて一人でキレている場面などがある度にネットは荒れます。

豊田真由子さんが出演するようになってからは、特に炎上の頻度が増しています。

坂上忍のバイキング降板の可能性は?

坂上忍さんがバイキングの全曜日の司会に就任して5年が経ちました。

最初の1~2年は“毒舌”や“歯に衣着せぬ物言い”がウケたかもしれませんが、ブームは過ぎた感じはします。

世間の“飽き”だけではなく、坂上さんは炎上で失った好感度を回復させる前にまた炎上をしているため、視聴率も落ちていくことが考えられます。

また、出演者が相次いで降板してしまい、坂上さんに耐えられる芸能人がなかなかいないため、スタッフたちも疲弊しているとも報じられています。

今後も豊田真由子氏が出演するたびに炎上したり、豊田真由子氏が出演NGを出したりすれば、バイキングは傷を負っていく一方です。

もしそうなれば、坂上忍さんのバイキング電撃降板の可能性にも現実味が帯びてきそうです。