HKT48で2012年に脱退した5人は誰?一斉に卒業したメンバーまとめ!

4月16日に逮捕された谷口愛理さん。

そこで今掘り返されているのは、谷口愛理さんと一緒に脱退(卒業)した他4人のメンバーのこと。

2012年に“素行不良”で辞めていった5人のメンバーに関する情報をまとめてみました!

2012年にHKTを脱退(卒業)した5人

2012年に“素行不良”を働いたとして一斉に脱退(卒業)したのは、谷口愛理さん、菅本裕子さん、古森結衣さん、江藤彩也香さん、仲西彩佳さんの5人

谷口愛理さんと菅本裕子さんがHKT48を脱退した理由はこちらの記事をご覧ください。

古森結衣

HKT48の1期生。2011年7月のオーディションに合格し、11月26日の初公演で選抜メンバーとして出演しました。

さらに、2012年3月4日に結成された『チームH』に加入。

2012年8月18日にHKT48を脱退しましたが、古森結衣さんの父は「娘は無実」「自主的に卒業したのではなく、AKSから不当に解雇された」と文春の取材に応じました。

AKSからは「一身上の都合」で脱退と発表されていましたが、古森結衣さんが本当に“素行不良”を働いたのか。どのような素行不良を働いたのかは明らかになっていません。

江藤彩也香

大分県大分市出身の元HKT研究生。

2011年7月にHKT48・第1期生のオーディションに合格。10月23日のお披露目会にて芸能界デビューしました。

残念ながら、同年11月の初公演で選抜メンバーに選ばれずバックダンサーを務めました。

そして研究生のまま2012年8月18日に突如脱退することとなりました。

江藤さんは短距離走、スタミナ、縄跳び、ボディバランス、手押し車で他のメンバーを圧倒し、当時HKT48で一番身体能力が高いアイドルでした。

また、負けず嫌いで努力家なところが江藤彩也香さんの長所でもありました。

「負けず嫌いなところがすごいです。特にスポーツになるとすごく負けず嫌いになります!」

「私は初日公演のメンバーに入れなかったんですけど、次は絶対に入って、ダンスも上手くなって、もっと輝けるように頑張りたいです。今はアンダーとして頑張っているけど、もっと頑張って、もっと成長して、ダンスも歌も上手くなっていきたいと思うので、よろしくお願いします」

仲西 彩佳

2011年7月にHKT48 ・1期生のオーディションに合格。

2度のけがの影響もあって、2012年3月に結成された『チームH』のメンバーに選ばれず、研究生としてバックダンサーを務めました。

そして2012年8月に脱退。ただ、「法律に反するような行為をした事実はございません」と説明しました。