坂上忍が飲酒運転事故で女優と逃亡!バイキングで丸山穂高に暴露される?

坂上忍さんが飲酒運転で事故を起こし、乗っていた女優と逃亡した過去に注目が集まっています。

坂上忍さんと言えば、バイキングでの歯に衣着せぬ物言いが好評でもあり、時には批判を浴びます。

かなりの年月が経っているため多くの人が忘れていましたが、バイキングで丸山穂高議員に暴露されて掘り起こされています。

今回は、坂上忍さんの飲酒運転事故の詳細や、一緒に乗っていた女優さんについての情報を詳しくお伝えしていきます。

坂上忍に飲酒運転事故で逃亡した過去が

今から25年以上前の、1995年1月15日

坂上忍さんが、当時の自宅の近くである、東京都世田谷区の井の頭線池ノ上駅近くの区道で事故を起こしました。

坂上忍,飲酒運転,事故,場所

坂上忍さんはこの日、俳優の川野太郎さんの自宅で行われたパーティーに参加しており、升酒を4杯飲んでいました。

日本酒,升酒

帰り道の運転は蛇行。Y字路を右に行くか左に行くか迷っているうちに目の前に車が来ていたため、とっさにハンドルを切ったところ、電柱に激突

坂上忍,飲酒運転,事故,場所,器物破損

これは明らかな「器物損壊罪」に当たります。また、坂上忍さんの愛車だったベントレーのボンネットも大きくへこんでしまいました。

ベントレー,坂上忍の愛車坂上忍,飲酒運転,事故,器物破損,車

根元から折れる電柱を見て分かる通り、事故を起こしたとき相当大きな衝撃だったそうで、近所の人が110番通報しました。

ところが坂上忍さんはその場から逃走。狭い道を、人目を縫うようにして車を走らせたという。

あとから追いかけてきたパトカーと20分間のカーチェイスの末、現行犯逮捕

狭い区道だったため、人を撥ねて事件を大きくしなかったことが不幸中の幸いでした。

乗っていた女優は山本未来

さらにこの時、助手席には女優の山本未来さんが同乗しており、事故により熱愛が発覚しました。

森山未來

山本未来さんはデザイナー・山本寛斎さんの娘で、2003年に椎名桔平さんと結婚しています。

事故の時に坂上忍さんとの交際が報じられましたが、結局発展することはなかったよう。

初めは山本未来さんが運転する予定でしたが、まだ慣れていなかったのと坂上さんの「女性に運転させるべきではない」という考えから、坂上さんが運転することになりました。

坂上忍さんは前頭部と肩を強打してケガをしましたが、山本未来さんは無傷で済んだようです。

飲酒事故をバイキングで丸山が暴露!

坂上忍,丸山穂高議員

飲酒事故で逮捕されたとき、坂上忍さんは母親に「ごめん。悪いことをしてしまった。これで、僕の役者生命が絶たれてもしょうがないなあ」とかなり反省していたようです。

しかし、25年前は今ほど飲酒事故に対しての規制も、罪の意識も厳しくなかったため、坂上忍さんはわずか半年で芸能界に復帰することになりました。

それからあまりこの出来事を掘り返されることがなかったため、世間から事件は忘れ去られ、そもそも知らない世代も増えてきました。

ところが、2019年7月2日のバイキングの放送中に、丸山穂高議員がSNSでつぶやいたことが波紋を呼びました。

坂上忍,松山穂高,飲酒運転,事故

普段は歯に衣着せぬ物言いで事件を斬り、時には共演者にもキレることで知られる坂上忍さん。

「王様」と恐れられ、就任から2年間で降板したメンバーは30人以上に及ぶと言われています。

ところが昨年、丸山穂高議員に飲酒運転事故を暴露され、知らない若い世代にまで坂上さんの過去が広まりました。

  • お前が言うな
  • どの面下げて司会してたんだ
  • もう何を言っても説得力を感じない
  • 事件について触れたら?
  • バイキング降りろよ

坂上さんが何を言ってもネット上ではこのようなことが言われるようになり、昔は“毒舌”が評価されていましたが、今では言えば言うほど好感度が下がっていく様子。

25年前のこととはいえ、飲酒運転事故はかなり大きな事件なので、坂上さんはそれを背負ってやっていくしかないのかもしれません。

井上・吉澤ひとみの運転事故はスルー

ノンスタイル・井上裕介さんの当て逃げ事件や、元モーニング娘。吉澤ひとみさんのひき逃げ事件もバイキングで取り上げられました。

世間をにぎわせたビッグニュースでしたが、この時ばかりは坂上忍さんも歯切れが悪かった様子です。

坂上忍,バイキング,ノンスタイル,井上坂上忍,バイキング,吉澤ひとみ,モー娘。

坂上さんの過去を知っている視聴者からは「スルーした」との声も多く出ました。

昔は半年間の芸能活動自粛で許された坂上忍さんの飲酒運転事故。しかし25年越しで罪の重さが再び問われ、今後のバイキングにどのような影響が出るのか。

引き続き情報を追っていきたいと思います。